ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

オリジナルブルーレイをDVDにコピーする方法

私的バックアップといえど、DVDやブルーレイといった市販ソフトのコピープロテクトを回避してバックアップすることは違法です。とはいえ、コピープロテクトが施されていない廉価版DVDや自作したオリジナルブルーレイなどであれば問題ありません。オリジナルブルーレイをDVDにコピーする方法を見ていきます。


スポンサーリンク
オリジナルブルーレイをDVDにコピーする方法

ブルーレイのISOイメージを出力

ブルーレイ・DVDのコピーソフトといえば「DVDFab 10」が定番。体験版として30日間は無料で利用できます。ただし、標準ではプロテクト除去機能が有効なため、違法コピーしないためにもこの機能をオフにしておきたいところ。共通設定からBlu-rayタブの「Blu-ray保護」の項目を選択し、すべてのチェックを外します。

オリジナルブルーレイのコピーは「DVDFab」を起動して、コピー元のブルーレイをドライブにセットすると自動で解析されます。途中でリージョンコードの確認画面が出たら、日本が含まれる「A」にチェック。解析終了後、保存先を指定します。

ここで管理しやすい「ISOイメージ」を選んで「開始」を押すとリッピングが開始。指定したフォルダに、ISOイメージができていることを確認します、

バックアップの基本は、オリジナルデータのまま無圧縮で保存すること。ファイルが1つで済むISOイメージで出力しておけば管理しやすいので、これを外付けHDDにまとめておくと便利です。

ブルーレイISOイメージをDVD変換

無料プレーヤー「VLC media player」「LeawoBlu-ray Player」などを使えば、ISOイメージはPCでそのまま見られます。また、HDMI接続のメディアプレーヤーを使えばテレビでも再生可能です。

リビングや実家のテレビで見たい時などは、このISOイメージをDVD化することになります。DVDFabはブルーレイのDVD変換機能を備えており、20GB程度のISOイメージをDVDの2層サイズまでギューっと圧縮できるのです。

具体的には、コピーモードで「DVD変換」をクリック。そして、変換するブルーレイのISOイメージを選択します。保存先を決めたら開始して、あとは待つだけ。17.4GBのブルーレイのISOイメージが、5.37GBまで圧縮できました。片面2層のDVD-R DLに焼いてもよいですし、さらに1層まで圧縮してもよいでしょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事