ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

BSで始まった4K放送を手軽に試せるチューナー

2018年12月より、BSと110度CSにて新4K8K放送が始まりました。受信環境の構築が大変そうかと思いきや、意外に手軽に体験できます。4K放送のうちBSのNHKと民放5チャンネルは、これまでと同じパラボラアンテナ(右旋)で受信が可能だからです。そこで、BSの4K放送を手軽に試せるチューナーを紹介しましょう。


BSで始まった4K放送を手軽に試せるチューナー

4K放送を手軽に試せるチューナー

BSのNHKと民放5チャンネルの4K放送は、既存のアンテナケーブルに4Kチューナーさえつなげれば、即4K番組が見られます(4K画質で見るには対応ディスプレイとHDMIケーブル/バージョン2.0以上が必要)。

既存アンテナで受信できる4K放送のチャンネルは4K-BS101の「NHK-BS4K」、4K-BS141の「BS日テレ4K」、4K-BS151の「BS朝日4K」、4K-BS161の「BS-TBS4K」、4K-BS171の「BSテレ東4K」、4K-BS181の「BSフジ4K」です。BS/110度CSの左旋のチャンネルは、対応するパラボラアンテナが必要となります。

これらの4K放送を手軽に試せるチューナーがピクセラの「4K SmartTuner」。大手家電メーカー製チューナーが売れ筋ですが、本機は4Kチューナーとメディアプレーヤーが合体したハイブリットマシンです。

チューナーで4K放送をスキャン表示

4K Smart TunerのBS/110度CS用端子にアンテナケーブルを接続し、チャンネルスキャン。4K放送のチャンネルも表示されます。通常のBSとBS4Kでは、同じ番組を放送していることも。4Kテレビでその映像美を確認してみましょう。4Kの解像度は3840×2160ドット。フルHDの4倍です。

4K Smart TunerはAndroid TVOSを内蔵。「Fire TV」などのように、各種動画サービスの視聴にも使える欲張りなマシンです。Google Playからアプリを導入することで、GyaO!やAbemaTVなどを大画面テレビで見られるようになります。なお、テレビ放送の録画機能は今後アップデートで追加されるとのことです。

4K Smart Tunerのチューナーは地デジ・BS/110度CS・新4K×1、OSはAndroid8.0、サイズ/重さは約230W×44H×144.5Dmm/約450g。実勢価格は32,184円です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事