ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Windows10で見落としがちな拡張子を表示する方法

大型アップデートの度に機能が追加されるWindowsですが、一方でこれまで普通に使えていたメニューが使えなくなってしまって困っている人も多いはず。Windows7ユーザーがWindows10への乗り換えると困るのが、拡張子の表示。スタートメニューにあった「コントロールパネル」を開くメニューが見当たらないからです。


スポンサーリンク
Windows10で見落としがちな拡張子を表示する方法

Windows10で拡張子を表示させる

Windows10の設定で意外と見落としがちなのが、拡張子の表示。うっかり悪意のある実行ファイルなどを開いてしまわないように、すべてのファイルの拡張子は表示させるように設定しておきましょう。

Windows10で「コントロールパネル」を見つけられないという人も多いはず。OSの多くの設定が「設定」に移行しているものの、まだ「コントロールパネル」にも各種設定が残されています。

Windows10でコントロールパネルを開くにはスタートメニューから「Windowsシステムツール」を開いて「コントロールパネル」を選択する必要があります。ファイルの拡張子を表示させるにはコントロールパネルを開き、表示方法を「カテゴリ」から「大きいアイコン」に変更。「エクスプローラーのオプション」を開きます。

ここで「表示」タブから「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外すのです。「適用」と「OK」ボタンを押せば設定が変更されてファイルの拡張子が表示されるようになります。

Windows10のマイコンピュータ表示

Windows10で「マイコンピュータ」を開く方法がわかない人も多いはず。その方法は、適当にフォルダを開いて左のナビゲーションウィンドウにある「PC」をクリック。これでマイコンピュータの画面を開くことができます。

とはいえ、わざわざいったんフォルダを開いてメニューをクリックするのは手間がかかるもの。そこで、左ウィンドウにある「PC」をデスクトップなどにドラッグ&ドロップしておきましょう。、これでWindows7にあった「コンピューター」が復活します。

このほか、左ウィンドウの「PC」のところで右クリック。表示されるメニューから「スタート画面にピン留めする」を選択することで、スタート画面のタイルに表示できます。タイルは好きな場所にドラッグ&ドロップで移動可能です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事