ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

サポート期限が迫るウィンドウズ7から10へ更新

ウィンドウズ7のサポート期限が、いよいよ2020年1月14日と迫ってきました。そこで、スムーズなウィンドウズ10への更新方法を紹介しましょう。ウィンドウズ7から10にアップグレードする前にやっておきたいのがバックアップ。仮に失敗した場合でも、システムを復元できるようにしておくと安心です。


サポート期限が迫るウィンドウズ7から10へ更新

ウィンドウズ7から10アップグレード

サポート期限が迫るウィンドウズ7から10にアップグレードする前に、やっておきたいのがバックアップです。無料のバックアップサポートソフト「EaseUS Todo BackupFree」を利用しましょう。

メインメニューで「システムバックアップ」を選択。「実行」を押してバックアップします。バックアップ終了後、復元に必要なファイルが保存される仕組みです。

ウィンドウズ7から10への移行方法は、現在の環境を残したままアップグレードする方法と、以前の環境を残さないクリーンインストールがあります。クリーンインストールは、各種ソフトの再設定が必要になりますが、アップグレードにかかるトラブルが起きないのがメリット。また、32ビットから64ビットへの移行も可能です。

ウィンドウズ7から10に64ビット移行

「Media Creation Tool」は、ウィンドウズ7から10へのアップグレードやインストールディスクの作成が行える、Microsoft公式ツール。ウィンドウズ7/8.1の正規ライセンスを持っていれば、10への無償アップグレードが可能です。

以前の環境を残したままアップグレードするなら、ウィンドウズ7上でMedia Creation Toolを起動して、ウィザードを進めていきます。「このPCを今すぐアップグレードする」を選択すればアップグレードのスタートです。

以前の環境を残さずクリーンインストールなら、Media Creation Toolでインストールディスクを用意して起動。もしくはパッケージ版を購入しましょう。

ウィンドウズ10のライセンスを入力し、インストール方法は「カスタム」を選択。HDDやSSDの一覧が表示されるので、インストール先ドライブを選択します。インストール後、初期設定を終えればウィンドウズ10が使えるというわけです。

なお、32ビットから64ビットに移行する場合は、Media Creation Toolで64ビット版のインストールディスクを作り、クリーンインストールします。

■「Windows10」おすすめ記事
Windows10が初期化状態になる隠しモードとは?
キーロガーにWindows10対応ソフトウェア型登場
動画を合法で保存できるWindows10の「神」機能
Windows10のログイン画面をスキップする方法
最新Windows10は市販セキュリティソフト不要
Windows10の電卓に「履歴」があるの知ってた?
Windows10視覚効果を削って高速化する便利機能

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。