ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Win10セキュリティソフトいらないに追加すべきソフト

4回目の大型アップデートとなる「Fall Creators Update」を公開したWindows10。大型アップデートの度に機能が追加されるWindowsですが、今回のWindows10も各種機能が大幅に拡充されています。そんな最新Windows10では市販セキュリティソフトはいらないといってよいでしょう。Windows10はセキュリティソフトがいらない理由を見ていきます。


最新Windows10は市販セキュリティソフト不要


Windows10にセキュリティソフト不要の理由

最新Windows10では、市販セキュリティソフトはいらないレベルです。世の中にはさまざまなウイルスソフトがありますが、はっきりいってセキュリティ対策はWindows10標準搭載のセキュリティソフト「Windows Defender」で十分です。

しかも、Windows10のセキュリティソフトはOSレベルで組み込まれたシステムなので動作は軽快。Windows10のセキュリティソフトは大抵のウイルスは検出するので、無駄に豪華な付加機能の付いたセキュリティソフトでストレスを感じる必要はもうありません。動作を重くしないという意味でも、Windows10はセキュリティソフトはいらないといえるでしょう。

もしWindows10で無料セキュリティソフトをなんとなく使っているなら、今すぐアンインストールして「Windows Defender」のみに絞るべきでしょう。ウイルスソフトの脆弱性を狙うウイルスも存在します。その観点から「Windows10にセキュリティソフトはいならい。入れる方が危険」という見解もあるほどです。


Windowa10セキュリティソフトいらない対策

感染したPCをロックしたり暗号化したりして「身代金」を要求するのがランサムウェア。感染が拡大して問題になっていますが、実はこれもWindows10のセキュリティソフト「Windows Defender」の機能にて効果的に防げるのです。

Windows10のセキュリティソフトのランサムウェア対策の設定は、WindowsDefenderセキュリティセンターで「コントロールされたフォルダーアクセス」をオンにするだけ。Windows10のセキュリティソフトによって、ランサムウェアによるフォルダの暗号化を無効化できます。

Windows10のセキュリティソフトで「コントロールされたフォルダーアクセス」を使用すると、許可されたアプリしかフォルダにアクセス不可。このため、たとえPCがランサムウェアに感染してもWindows10のセキュリティソフトによって、フォルダが暗号化されてアクセス不能に陥ることはありません。ランサムウェア対策においても、Windows10はセキュリティソフトがいらないのです。


Windows10セキュリティソフトのいらない誤検出

Windows10のセキュリティソフトは「Windowsセキュリティ」にさらに進化しました。Windows Defenderが進化したWindowsセキュリティは非常に優秀で、Windows10ではセキュリティソフトがいらない状況は変わりません。とはいえ油断は禁物。Windowsセキュリティで追加で設定しておきたい機能を紹介しましょう。

Windows10のセキュリティソフトは安全なファイルをウイルスと誤検出して、勝手にいらないとブロックすることがあります。この時、誤検出されるファイルをWindows10のセキュリティソフトで除外設定することが大切。Windows10のセキュリティソフトで複数ファイルがいらないと誤検出される場合は、ファイルを同一フォルダにまとめ、フォルダを除外設定すると楽です。

Windows10標準セキュリティソフトで追加すべき設定は、まず「Windowsセキュリティ」の「ウイルスと脅威の防止」→「設定の管理」をクリックします。除外の項目で、「除外の追加または削除」をクリック。「除外の追加」で誤検出されるファイルか、ファイルが保存されているフォルダを登録します。

除外リストの中に、自分で指定したファイルやフォルダが登録されたことを確認。これで登録したファイルが、Windows10標準セキュリティソフトでいらないとブロックされず利用できるようになります。これでWindowsセキュリティのいらない誤検出を防ぐ追加設定は終了です。

Windows10にセキュリティソフトが不要な理由


Windows10はセキュリティソフトいらないに補助

基本的にWindows10標準のWindowsセキュリティは、追加のセキュリティソフトはいらないレベルですが、中には検出されない巧妙なマルウェアも存在しています。マルウェアとはウイルスやスパイウェアなどを含めた、不正なプログラムの総称です。

そこでWindows10標準セキュリティソフトの補助用に、検出力の高い「Malwarebytes」を追加で導入しておくと安心です。Malwarebytesは検出力の高さが特徴のセキュリティソフトで、無料版でもマルウェアのスキャンと駆除ができます。

Windows10にセキュリティソフト・Malwarebytesをインストールしたら起動して「スキャンの開始」からパソコン内をスキャン。見つかったら、駆除するものを選んで「選択の隔離」をクリックします。これでWindows10標準セキュリティソフトでは検出されなかったマルウェアを駆除できるのです。

■「Windows10」おすすめ記事
Windows10が初期化状態になる隠しモードとは?
AndroidとWindows10が両方楽しめる小型PC
キーロガーにWindows10対応ソフトウェア型登場
Windows10のログイン画面をスキップする方法

■「セキュリティソフト」おすすめ記事
無料のセキュリティソフトならAviraがオススメ
偽セキュリティソフトで金銭をだまし取る手口
偽セキュリティソフト詐欺に遭わない防衛策とは

■「セキュリティ」おすすめ記事
指紋認証でPCのセキュリティを万全にする!
ウイルスチェックを50以上のソフトで一括スキャン
キーロガーはUSB型を設置されたら発見は困難

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

あわせて読みたい記事

  • TikTokはセキュリティを強化しないと被害が甚大
    TikTokはセキュリティを強化しないと被害が甚大
  • パンテーラのセキュリティシステムが鉄壁な理由
    CANインベーダー対策にパンテーラが鉄壁な理由
  • ミニストップのソフトクリーム専門店が展開中?
    ミニストップのソフトクリーム専門店が展開中?
  • DVDコピーをフリーソフトで実現する定番4ツール
    DVDコピーをフリーソフトで実現する定番4ツール

  • オススメ記事

    逮捕者も出た「モザイク破壊」とはどんな技術?

    2021年10月、ついに「モザイク破壊」に関する事件で逮捕者が出ました。京都府警サイバー犯罪対策課と右京署は、人工知能(AI)技術を悪用してアダルト動画(AV)のモザイクを除去したように改変し[…続きを読む]

    LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

    圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、探偵がLINEの会話を盗み見する盗聴&盗撮テクニックを見ていくと[…続きを読む]

    盗聴はアプリを入れればできる

    盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「盗聴器アプリ」が急増して[…続きを読む]

    チョコボールのエンゼルを見分ける方法

    おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの当たり確率と見分け方を紹介しまし[…続きを読む]

    空き巣被害に遭いやすい住宅の特徴と正しい防犯対策

    窃盗事件の大半を占めているのが「空き巣」。しかも、空き巣被害の半分以上は住宅が狙われたものです。アナタの家も知らぬ間に泥棒たちに目を付けられている空き巣被害の予備軍かもしれません。空き巣被害に[…続きを読む]




    目次