ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ワイヤレスマイクの周波数に大異変が起きた理由

ワイヤレスマイクは電源を切り忘れると、楽屋や舞台裏でのプライベートな会話を周囲に垂れ流すことになる電子機器。マイクとスピーカーの間を電波でつなぐため、この漏れ電波が受信できてしまうのです。そんなワイヤレスマイクの周波数に、大異変が起こりました。詳しく見ていきましょう。


ワイヤレスマイクの周波数に大異変が起きた理由

ワイヤレスマイクの周波数帯が変波

ワイヤレスマイクには大きく分けて2つのタイプがあります。コンサートなどで使用する音質を重視したタイプと、駅員がホームのアナウンスなどに使う音質を重視しない業務系のタイプです。

音質重視のタイプは特定ラジオマイクという免許を受けて使うもので、A規格とA2規格があります。B規格は免許不要で使えますが、コンサートで使用されるなど、音質重視のタイプです。音質を重視しない業務系は、C規格となります。

プライベートな会話まで聞こえてしまうワイヤレスマイクは、A/A2規格とB規格になります。そして、大異変が起こったワイヤレスマイクがA/A2規格です。携帯電話の周波数不足を補うために、ワイヤレスマイクのA/A2規格と呼ばれる特定ラジオマイクの周波数帯が変波しているのです。

ワイヤレスマイク周波数の引っ越し先

コンサートで主に使われていた音質の良いワイヤレスマイクは、テレビ局のFPU(無線中継伝送装置)と周波数を共用することを条件に、特定ラジオマイクとして770~806MHzという幅広い周波数帯を使用していました。

この帯域はGHz帯に比べ、障害物に対して電波が回り込みやすい特徴から「プラチナバンド」とも呼ばれています。総務省は、このプラチナバンドを携帯電話会社に割当てるため、特定ラジオマイクを他の周波数帯へ移動させたのです。

ワイヤレスマイクの周波数の引っ越し先は以下の3つです。1つめは「地上波テレビ放送の割当て内」です。470~713MHzのテレビ放送帯の中から、放送波の無い、周波数が空いている「テレビホワイトスペース」を使用するものです。

当然、空いている周波数は地域によって変わってきます。たくさんの周波数が使用できるため、グループ系アイドルが増えている昨今、コンサートで主流となりつつある周波数帯です。


各施設のワイヤレスマイク周波数

2つめは「特定ラジオマイク専用波」です。割当て周波数は710~713MHzで、日本全国どこでも使用可能。ただし、710~711MHzはテレビ52chの周波数が使用可能な施設に限られます。

ワイヤレスマイクの新周波数3つめは「テレビ局のFPUと共用」です。1.2GHz帯の共用波でテレビ局のFPUと公共用レーダーと共用します。デジタル波専用なのでワイヤレスマイク受信とは無縁の周波数帯です。主にテレビの中継などで使われます。

ワイヤレスマイク受信のメインターゲットは、テレビホワイトスペースですが、帯域があまりにも広く、テレビの電波も出ているのでサーチは絶望的。そこで活用するのが、総務省が公表している、各施設で使用可能な周波数を明記した「チャンネルリスト」です。

ここに記されたチャンネル(周波数帯)以外は使えないので、ここに記載された周波数帯をサーチリンクすれば、最も効率良くワイヤレスマイクを受信できます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事