ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

InterFMが89.7MHzへ周波数を変更した理由とは

外国人向け放送局のInterFMは2015年6月に、東京タワー内でのアンテナ移設を行っています。そして、同時に周波数を76.1MHzから89.7MHzへと変更しているのです。表向きは混信対策とされていますが、InterFMが89.7MHzにわざわざ周波数を変更したのには別の理由があったのです。



スポンサーリンク
InterFMが89.7MHzへ周波数を変更した理由とは

InterFMのアンテナ移転で混信

InterFMは、これまで東京タワーの200m付近にアンテナを設置していました。それを、NHKアナログテレビが使用していた跡地の頂上付近320mへと移転したのです。

総務省によれば、「周波数を76.1MHzのままでアンテナ地上高を上げると近隣局に混信する」とのこと。しかし、最も近くでInterFMと同じ76.1MHzを使っているのは山形県と新潟県のコミュニティFM放送局のみです。

76.2MHzで探しても、群馬県高崎市、茨城県水戸市のコミュニティFM放送局がヒットするのみ。「近隣局」に実用上の影響があるとは考えにくいのです。InterFMの移設前後のスペックを比較してみても、最大実効輻射電力は11.5kWから13kWとほとんど変化はありません。

InterFMが89.7MHzへ変更した目的

このためInterFMの89.7MHzへの周波数変更は、受信状況の改善が主目的ではなく、2020年の東京オリンピックを前に周波数を移行するのが、真の目的だったと思われます。

世界的にはFMラジオ放送はヨーロッパの88~108MHz、北米の87.5~108MHzと「高い周波数」が一般的で、日本だけが特殊な周波数を使っているのです。しかし、89.7MHzであれば、海外からの観光客が持参したスマートホン搭載のラジオなどで、InterFMが受信できます。

これなら東京オリンピックの情報提供にはうってつけというワケ。エリアを拡げること以上に、周波数の変更が主目的だったのではないでしょうか。この情報は『ラジオライフ』2015年11月号に掲載されていました。(文/手島伸英)

■「FM」おすすめ記事
FMラジオのスカイツリー移転で一部が弱電界地に
茨城放送はFM補完放送を「i-fm」とネーミング
南日本放送のFM補完放送をAMラジオと聞き比べ
FM補完放送の開始で2015年はラジオが変わる

■「周波数」おすすめ記事
盗聴器の周波数はUHF帯の3波をスキャンする
コードレス電話機は親機側の周波数をサーチする
ワイヤレスマイクの周波数は新規格に移行中
航空無線の周波数を切り替えながら航空機は離陸
消防無線の周波数は市町村波と共通波をスキャン
ブルーインパルスのパイロットが使う周波数は?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。