ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「10%ポイント還元」厳密には10%オフではない

スマホ決済を始めとして「利用額の○%をポイント還元」というポイントサービスが、あらゆるジャンルに拡大中です。中には「△%をキャッシュバック」という場合もあります。しかし、「ポイント還元」と「キャッシュバック」では、戻ってくる金額の意味合いが違っているのでした。


「10%ポイント還元」厳密には10%オフではない

10%ポイント還元するお店のメリット

ビックカメラやヨドバシカメラといった大手家電量販チェーン店から広まっていったのが、購入金額や利用金額の一部をポイントで還元する「ポイントサービス」です。

チェーン店側としては、還元されたポイント分はそのチェーン店でしか使えないため、あらかじめ売上を確保できることが最大のメリット。しかし、実は隠れたメリットがあります。それは「値引き以上のお得感を出せる」ということです。

例えば、10%ポイント還元の量販店で10万円の買い物をすると、1万円分のポイントが貯まります。ところが、1万円分貯まったポイントを使う際には新たにポイントは追加されないケースがほとんど。実はここにカラクリが潜んでいます。

10%ポイント還元の割引率は9.1%

この場合、ポイントサービスを利用することで11万円分の商品を10万円で買えたという計算になります。割引率を計算すると約9.1%。つまり「10%ポイント還元」とうたっていながら、実際の割引率はそれより少ないことになるのです。

ここで、11万円の商品を「10%割引」で売る場合の価格は9万9千円。お店側としては、10%ポイント還元より負担が1000円分が増えることになります。一方、10万円について「10%キャッシュバック」をするケースは割引率は10%です。

また、チェーン店によっては「3%ポイント増額キャンペーン」といったイベントを行うケースがあります。そうしたお店では、貯まったポイントは通常時に使い、増額期間中はポイントを貯めることに徹するのが、賢い活用方法です。

■「ポイント」おすすめ記事
Amazonギフト券の使い方でTポイントを現金化
Amazonでポイントを三重取りする方法とは?
MNPの「引き止めポイント」は実際に存在する
ETCポイントを車載器なしでゲットする方法
LINEポイントを賢く貯めてスタンプを購入する

■「クレジットカード」おすすめ記事
楽天の家族カードなら小額ポイントが合算できる
ダミーのクレジットカード番号が入手できる!
飛行機の遅延補償はクレジットカードを活用
Vプリカは使い方次第で半永久的にタダ見できる
Vプリカは使い方次第でクレカ番号ジェネレータ

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事