ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

5千円分もらえる「マイナポイント」先着枠の人数

マイナポイント事業は、消費税増税などによる消費の落ち込みを下支えする施策の1つで、2020年6月末まで行われていたキャシュレス・ポイント還元事業に続いて行われるものです。マイナポイントはその名の通り、マイナンバーカードに紐づけられた期間限定のポイント還元キャンペーン。詳しく見ていきましょう。


最大5千円分ポイント還元「マイナポイント」とは

マイナポイントは最大5,000円分還元

マイナポイント事業は、マイナンバーカードとキャッシュレス決済の普及促進を図るために総務省が主導。あらかじめ申し込みをしたユーザーがキャッシュレス決済をすると、1人最大5,000円分のポイントが付与されるという制度です。

マイナポイントの還元率は25%、2万円の買い物orチャージで5,000円分が付与されます。実際にポイントが付く期間は2020年9月1日~2021年3月末まで。対象となるキャッシュレス決済サービスは電子マネー・プリペイドカード・コード決済・クレジットカードなどで2020年6月末現在で104種類あります。

代表的なところでSUICA・ICOCA・nanaco・WAON・PayPay・d払い・LINEPay・auPay・楽天Pay・メルペイ、三井住友カード、EPOSカードなど。キャンペーンの利用は4,000万人までの先着順で、2020年7月1日から申し込みの受付がスタートしています。

マイナンバーカードの保有者は2020年6月25日現在2204万人いますが、今後保有者が増加したとしても枠には十分余裕があるので、申し込みを焦る必要はないでしょう。

未成年もマイナポイントの対象になる

キャッシュレス決済によるポイント還元を受けるための手順は次の通りです。まずはマイナンバーカードを使ってスマホの専用アプリで「マイナポイントの予約(マイキーIDの発行)」を行います。

次に専用アプリもしくは決済サービスアプリから、ポイント還元を受けるキャッシュレス決済サービスを選べば申し込みは完了。ちなみにこのキャンペーンは未成年であってもポイント還元を受けることが可能です。

15歳未満の場合は予約・申し込みを法定代理人が行い、法定代理人名義のキャッシュレスサービスで決済することでポイント還元を受けられます。ただし、同一のキャシュレスサービスで複数人分のマイナポイントを合算することができないため、それぞれ別のサービスを指定する必要がある点は注意が必要です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事