ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Android OS搭載モバイルプロジェクターが超便利

最近よく見かけるようになった、Android OS搭載のモバイルプロジェクター。その代表ブランドが「Nebula by Anker」で、手の届きやすい価格帯と性能の高さで支持されています。そして2020年、新たにリリースされたのが、さらにコンパクトになった「Nebula Astro」です。その実力を詳しく見ていきましょう。


Android OS搭載モバイルプロジェクターが超便利

Nebula Astroは視聴場所が自由自在

アンカー・ジャパンのAndroid 7.1搭載モバイルプロジェクター「Nebula Astro」は、充電式で完全ワイヤレスなので、設置場所や視聴場所が自由自在です。キャンプに持って行けばみんなハッピーに。小型ながら最大100インチの大画面を投影できるため、大人数でも楽しめます。

Nebula Astroは専用ストアからアプリをインストールする仕組み。NetflixやHulu、Amazon Prime Video、YouTubeなど、メインどころの動画アプリが揃っています。本製品は「子どもと一緒に使う」をコンセプトにしているため、子ども向けの動画アプリやゲームも充実しています。

また、HDMI機器の接続に対応しているため、AmazonのFireTVをつなげば、NebulaConnectアプリにはないアプリを利用可能。BDレコーダーをつなげば録画番組を投影できます。また、iOS・Androidのミラーリングにも対応しています。

Nebula Astroは想像以上にハッキリ

実際にNebula Astroで、昼間にカーテンを一面だけ閉めた状態で投影してみました。別の窓からは陽の光が入り込んでいる状態だったものの、想像以上にハッキリと映し出されています。キーストーン補正で画面の四隅を調整すると、歪みがキレイに直せて、断然見やすくなりました。

解像度や輝度のスペックを見るに、既存の「Nebula Capsule」をベースに小型化したと思われますが、よりカジュアルに使えるのは好印象。コンパクトさは正義です。

Nebula Astroの輝度は100ANSIルーメンで、解像度は854×480画素、投影距離は3.08mで100インチとなっています。入力端子はHDMI×1、USB-C×1です。連続再生時間は約2.5時間(バッテリーモード時)で、電源は内蔵バッテリーまたはUSB-C給電となっています。サイズ/重さは約91.2W×82H× 89.2Dmm/約380g。実勢価格は29,990円です。(文/馬塲言葉)

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。