ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Androidスマホを限りなくiPhone化できるアプリ

「端末代が高過ぎてiPhoneからAndroidにしたけど使いづらい…」というなら、Androidスマホの画面をiPhone化してしまいましょう。使うアプリは「ランチャーiOS13」。導入すると、ホーム画面のアプリ配置などがiPhoneそっくりに。さらにiPhoneの時計や計算機を再現しているアプリも導入すれば完璧です。


Androidスマホを限りなくiPhone化できるアプリ

Androidのホーム画面をiPhone化する

「ランチャーiOS13アプリ」の「Layout」でアイコンを真ん中くらいのサイズにして、グリッドを6×4で配置すると、一気にiPhoneっぽいホーム画面にすることが可能です。ダークモードにも対応。ウィジェットは表示項目の編集ができます。

さらに同じ開発者が配布している「画面のロックと通知」「コントロールセンター」「アシスタントタッチ」を、追加で導入すれば完璧です。

「画面ロックと通知」の「パスコード」から6ケタのパスコードを設定。そしてロック画面の壁紙を「壁紙」から選択しましょう。iPhoneっぽい壁紙があらかじめ用意されています。

iPhoneでは、下から上にスワイプすることでパスコードロックの画面を呼び出しますが、本アプリは右下のカメラアイコンを長押しする仕様です。

AndroidでiPhone化された時計と計算機

さらに「コントロールセンター」の「コントロールのカスタマイズ」から、機能を追加します。iPhoneではデフォルトで画面収録機能が配置されているので、それに習って左下に追加すると完成度がアップ。コントロールセンターの呼び出しは、下から上へスワイプすればOKです。

「アシスタントタッチ」では、物理ボタンを画面タッチ化できる、iPhoneのAsistiveTouch機能をAndroidで再現。項目の増減やカスタマイズが可能です。

また、ホーム画面だけでなくiPhoneと同じ見た目の時計アプリや計算機アプリなども存在。「iClock」はiPhone標準の「時計」アプリを再現してくれます。

「デフォルトのiPhone着信音」という、iPhoneと同じアラームが用意されているこだわりようです。とはいえ、アラームを時間順に並べられないなどの不具合もあり、使い勝手はイマイチかもしれません。

「iCalculator」は、iPhoneの計算機アプリのそっくりさん。よく見るとフォントはわずかに違うものの、デザインはほぼ同じです。iPhoneは画面を横にすると関数や円周率のボタンが表示されますが、こちらは必要最低限の計算のみとなります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事