ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneとAndroidのテストモード隠しコマンド

隠しコマンドで起動するiPhoneのフィールドテストモードは、電波強度を数値化できることで有名。しかし、iOS11ではフィールドモードに入れるものの、電波の数値化には対応しなくなっています。そんなiPhoneとAndroidに搭載されているテストモードに入るための隠しコマンドを紹介しましょう。


スポンサーリンク
iPhoneとAndroidのテストモード隠しコマンド

iPhoneの隠しコマンドで電波の種類

iPhoneの隠しコマンドは、まず標準の電話アプリを起動します。キーパッドにして「*3001#12345#*」を入力したら発信ボタンを押すのです。これで「Field Test」と表示された画面に切り替わります。

メニューから「Serving Cell Info」を選択。「Freq Band Indicator」で、今つかんでいる電波の種類が分かります。「41」はauもしくはソフトバンクのLTEバンドであることを示しているのです。

なお、iOS10まではフィールドテストモードに入ると左上の電波が数値化され、電波強度をより具体的に知ることができました。しかし、iOS11からは電波の数値化には対応しなくなったようです。

Android隠しコマンドでバンド変更

海外で現地のSIMカードを使う時は、その国のバンドに合わせる必要があります。通常は自動でセットされますが、相性によりうまくいかないことも…。そんな時にAndroidの隠しコマンドを入力すると、ネットワークを手動で変更できます。

Androidの隠しコマンドも、電話アプリを立ち上げたら「*#*#4636#*#*」を入力すればテストモードに入ります。ここで「携帯電話情報」→「優先ネットワーク」を選択するのです。

通常はオートになっていますが、3GのみやLTEのみに変更できます。海外のほか、LTEが不安定な地域などでも便利。3Gを優先ネットワークに設定すればバッテリーの消耗を防げます。なお、変更する際は念のために初期値をメモしておきましょう。

■「隠しコマンド」おすすめ記事
Windows10が初期化状態になる隠しモードとは?
iOS7の新機能!便利なiPhone裏コマンド
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneのウラ技でアンテナ表示を数字に切り替え
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた
カラオケで高得点が取れる裏コマンドとは?
公衆トイレのウォシュレット設定モードの使い方
プリウス純正カーナビの隠しコマンドで故障診断
Xperiaの不具合をチェックできる隠しコマンド
Windows10の隠しコマンド「神モード」とは?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事