ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

購入ごとカード番号が変わる「Vプリカ」使い道

「Vプリカ」は審査不要で誰でもすぐに申し込める、ネット専用のプリペイド式クレジットカード。クレジットカードを持っていない人が、動画配信サービスなどを利用したりするのが基本的な使い方です。そんなVプリカはコンビニでも購入可能。ただし、3000円分を3250円で売っているなど「使うと損」になる仕組みです。


購入ごとカード番号が変わる「Vプリカ」使い道

Vプリカのコンビニでの販売価格

「Vプリカ」は、信販会社のライフカードが発行しているネット専用のプリペイドカード式クレジットカードです。プリペイドとは「前払い」の意味で、あらかじめ決められた金額のカードを購入することで、その金額分だけショッピングで利用可能。事前にチャージして使う、QRコード決済や交通系ICカードに近いサービスといえます。

Vプリカの特徴は、購入した残高分をVISAカードのクレジット決済に利用する点にあります。つまり、VISAカードに対応したオンラインサイトであれば、Vプリカのカード番号などを入力することで、クレジットカードと同じように利用できるのです(一部非対応店舗あり)。

そんなVプリカはコンビニでも購入可能。ただし、不思議な点がひとつあります。それは、購入金額より実際に使える金額が少ないことです。

例えば、3000円分の販売価格はコンビニでは3250円、5000円分は5290円といった具合。Amazonギフト券やiTunesギフトカードは「購入金額=利用可能金額」で、Vプリカのようなことはありません。

Vプリカは利用者側が手数料を払う

じつは、Vプリカは利用者側が手数料を払う仕組みになっていて、手数料不要のクレジットカードを利用するより損になる仕組み。なぜ利用者にとって不利なVプリカが、全国のコンビニで幅広く売られているのでしょうか。

それは「クレジットカードや銀行口座がなくても使える」という理由です。何らかの事情でクレジットカードや銀行口座を作れない場合、QRコード決済も利用登録が不可能。そうした人がネットショッピングを利用するには、Vプリカのようなサービスが必要なのです。

このほか、Vプリカは購入するごとに、クレジットカード番号が新しくなることもポイント。ネット配信サービスの無料お試しなどは、カード番号で登録回数を制限している場合があり、Vプリカで何度も登録できてしまうケースがあるのです。

実際のところ、海外通販サイトや海外有料サイトなどで、メインとして使っているクレジットカード番号を入力するのは不安なもの。そんなときにも重宝するサービスがVプリカなのでした。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事