ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

アメックスのポイント還元率を激アップする方法

アメリカン・エキスプレスが発行するカードは、旅行やレジャーなどの利用特典が充実する一方、日常生活での利用にはあまり有利ではないともいわれています。その理由のひとつされるのがポイント還元率で、通常0.3%と低いのは事実。ところが、ある追加サービスに加入することで、ポイント還元率が劇的にアップするのです。


アメックスのポイント還元率を激アップする方法

アメックスのポイント還元率は0.3%

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)には、大きく分けて自社発行のものとクレディセゾン・三井住友カードなど他のカード会社と提携して発行するカードの2種類があります。このうち、自社発行カード向けのポイントプログラムが「メンバーシップ・リワード」です。

アメックスの自社発行カードは、「グリーン」とも呼ばれる通常カードでも年会費が1万3200円と高額なものの、ステータスの高いカードとしても知られています。その一方で、メンバーシップ・リワードはポイント還元率は悪く、通常の使用方法では0.3%にしかなりません。

ところが、「メンバーシップ・リワード・プラス」というサービスに加入することで、ポイント還元率を0.5%~1%へとアップさせることができるのです。メンバーシップ・リワード・プラスは、通常カードとゴールドカードについては別途年会費3300円が必要で、プラチナカードは無料です。

アメックスのポイント還元率が3%に

さらに、メンバーシップ・リワード・プラスには「ボーナスポイントプログラム」という特典もあり、対象加盟店で利用すると通常の100円につき1ポイントに加えて、100円につき2ポイントのボーナスポイントが手に入ります。対象加盟店は、AmazonやYahoo! ショッピング、ヨドバシカメラグループ各店などとなっています。

メンバーシップ・リワード・プラスのボーナスポイントには上限があり、年間10万ポイントまで。とはいえ、この上限に達するためには年500万円以上の利用が必要で、高額利用を繰り返す人を除けば、あまり気にする必要はないでしょう。

なお、メンバーシップ・リワード・プラスに加入した際の還元率を0.5~1%と紹介したのは、ポイントの利用方法により還元率が異なるため。AMEX各カードの決済代金の支払いへポイントを充てる場合、通常のショッピングでは1ポイント=0.5円、ホテルや旅行代理店は1ポイント=0.8円、航空会社では1ポイント=1円となっています。

このため、AmazonでのショッピングにAMEX各カードを利用して貯めたポイントを、航空会社の直販サイトで購入した航空券の支払いに充てた場合、ボーナスポイントを合わせた還元率は3%。この還元率は、Amazonが発行する提携カード「Amazon MasterCardゴールド」の2.5%を上回るほど有利になるのです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事