ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

コンサートで「推しメン」のナマ声を楽しむ方法

コンサートでアイドルグループが歌いながら踊れるのは、コードの無いマイク「ワイヤレスマイク」を使っているからです。ワイヤレスマイクは、集めた音声を電波に乗せてミキサーに飛ばしています。そして、ミキサーで加工された歌声が会場のスピーカーから流されているのです。このワイヤレスマイクの電波から何が聞こえるのでしょう。


コンサートで「推しメン」のナマ声を楽しむ方法

ワイヤレスマイクの電波からナマ声

ワイヤレスマイクの電波は10mWでとても弱いのですが、コンサート会場の外へと漏れていくことも…。この電波を受信して、アイドルの歌声を加工前の“ナマ”で聞くのがコンサートワッチです。別名、ナマ声ワッチともいわれています。

ワイヤレスマイクの電波を受信して聞こえてくるのは、ミキサーで加工される前のまさに「ナマ声」。細かい息づかいまで感じられ、アーティストやアイドルが自分だけのために、耳元で歌ってくれているような錯覚を受けるほどです。

例えば、東京ドームは大物&海外アーティスやアイドルのビッグコンサートが開催される場所。天井の構造から音も電波もモレやすいことで、ワイヤレスマイク受信を楽しむマニアには有名です。

ワイヤレスマイクにデジタル化の波

そんなワイヤレスマイクの世界にもデジタル化の波が押し寄せてきています。実際、1.2GHz帯がテレビ局の中継現場などで使われ始めました。

デジタル波は音声の復号に遅延が発生するので、ワイヤレスマイクは占領周波数帯域を広くして対処。かなり、改善されてきましたが、わずかな遅延が残っているのは事実です。

自分の耳とのズレを嫌うミュージシャンは、遅延の無いアナログ波のワイヤレスマイクを好んで使用しています。デジタルワイヤレスマイクは受信できませんが、アナログ波も使われているので、近くでコンサートがある時は確認しない手はないでしょう。

■「ワイヤレスマイク」おすすめ記事
ワイヤレスマイクの周波数は新規格に移行中

■「周波数」おすすめ記事
盗聴器の周波数はUHF帯の3波をスキャンする
コードレス電話機は親機側の周波数をサーチする
ワイヤレスマイクの周波数は新規格に移行中
航空無線の周波数を切り替えながら航空機は離陸
消防無線の周波数は市町村波と共通波をスキャン
ブルーインパルスのパイロットが使う周波数は?
InterFMが89.7MHzへ周波数を変更した理由とは

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事