ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ポイント還元率が高いデビットカードはどれだ?

審査なしで発行可能の「デビットカード」は、クレジットカードを作りにくい人にとっては頼りになる存在です。しかし、デビットカードとクレジットカードを比較した場合、ポイント還元などのサービスではクレジットカードの方が上。そうしたなか、クレジットカード並みにポイント還元率が高いデビットカードはあるのでしょうか。


ポイント還元率が高いデビットカードはどれだ?

J-Debitのデビットカードは還元なし

決済代金を後払いにするクレジットカードと異なり、デビットカードは利用代金が銀行口座から即時引き落としされるカードです。銀行口座残高が保証となることから、デビットカードには利用審査が基本的にはなく、クレジットカードが作れない18歳以下の高校生でも発行可能です。

デビットカードには、大きく分けて金融機関のキャッシュカードをそのまま利用する「J-Debit」と、金融機関がVISA・MasterCard・JCBといったクレジットカードの国際ブランドと提携して発行する「ブランドデビットカード」の2種類が存在。このうち、J-Debitは年齢制限自体がない一方で、ポイント還元もありません。

一方、ブランドデビットカードについては、クレジットカードと同様のポイント還元サービスなどが行われていることが一般的。とはいえ、デビットカードの還元率はクレジットカードより低いことが多く、0.5%以下のものがほとんどです。

楽天銀行デビットカードは1%還元

そうしたなか、高い還元率を誇るデビットカードがソニー銀行の「Sony Wallet」で、利用金額の最大2%がキャッシュバックされます。ただし、2%キャッシュバックを受けるには、同銀行の外貨預金残高と投資信託残高の合計が1000万円以上必要で、ある程度の余裕資金がある人でないと厳しいでしょう。

一方、特段の条件なしでもポイント還元率が1%となるのが楽天銀行のデビットカードです。貯まったポイントは、支払い時に1ポイント=1円として自動的に利用できる設定もあり、ポイントの有効期限切れを心配せずに使える点も便利です。

また、イオン銀行のデビットカードは、ポイント還元率がイオンカードと同じ基本0.5%。イオングループ各店でのポイント2倍などのサービスもイオンカードと同様で、さらにイオン銀行の普通預金金利が最大0.10%となります。イオン銀行のデビットカードは、同銀行に口座を持つならぜひ発行すべきカードといえるでしょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事