ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

郵便バーコードでアプリで読み取れる情報とは?

バーコードやQRコードは、数字や文字を機械で読み取りやすくするために使われるもので、単体でのセキュリティ対策はほぼゼロです。なかでも注意したいのは、DMなどの郵便物に印刷されている、一見バーコードに見えないカスタマーバーコードです。郵便カスタマーバーコードを読み取るアプリも公開されています。


郵便物のバーコードで読み取れてしまう情報とは

郵便カスタマーバーコードに13ケタ数字

日本の郵便では、仕訳や配送を効率化するために定形郵便物・はがきについてはバーコードによる処理が行われています。ポストなどに投函された定形郵便物やはがきは、集配局の機械で郵便番号やあて先の住所を読み取り、その情報をバーコードへ変換して透明なインクで郵便物表面へ印刷される仕組みです。

さらに、定形郵便物やはがきを1回1000通以上発送する場合、差出人が郵便局に代わって事前にバーコードを印刷することで、3%の割引を受けることができます。この郵便バーコードは、郵便局のお客様にあたる差出人が印刷することから「カスタマーバーコード」と呼ばれています。

郵便カスターマーバーコードは一般的なバーコードと異なり、4種類の長さの棒を組みあわせで構成する独特なもの。そして、郵便番号7ケタと、住所内の番地・部屋番号などの数字を抜き出した最大13ケタ分をこの郵便カスタマーバーコードへ変換し、あて先と同じ面に印刷する仕組みです。

郵便カスタマーバーコードを読むアプリ

例えば、「東京都千代田区神田須田町2-6-5」という住所へ差し出す場合、郵便番号の「1010041」と「2-6-5」を組みあわせた「1010041-2-6-5」を郵便カスタマーバーコード化します。ここで注意したいのが、郵便カスタマーバーコードは誰でも印刷できるだけでなく、誰でも簡単に読み取れるということです。

SNS上で、税金の支払いやクレジットカードの督促状、NHK受信料支払いのお願いといった郵便物の画像を公開している書き込みを見かけたことがあるはず。その際、住所や氏名はモザイク処理してあるものの、郵便カスタマーバーコードがそのままというケースが見られます。この状態では、氏名はともかく住所は郵便カスタマーバーコードから筒抜け状態なのです。

実際、Android向けのアプリ「Posba」など、スマホで郵便カスタマーバーコードを読み取るアプリも公開されています。Posbaでは、スマホのカメラ機能で郵便カスタマーバーコードを撮影すると、たちどころに郵便番号やそれに続く住所の数字部分を復元してくれるのです。

あとは、日本郵政のWebサイトを利用して郵便番号から該当する地名を検索すれば、郵便カスタマーバーコードから住所が完全に判明してしまいます。このため、ネット上で郵便物を公開するのであれば、住所・氏名だけでなく郵便カスタマーバーコードもしっかり隠さないと危険なのです。


郵便カスタマバーコードは全部で67本

郵便カスタマバーコードの構成は、ロング(1)・セミロング上(2)・セミロング下(3)・タイミング(4)の4種類。その中から3種類のバーの組み合わせで、数字(0~9)、ハイフン、8種類の制御コード(CC1~CC8)を表しています。

郵便カスタマーバーコードは英字の場合、制御コード(CC1~CC3)+数字、つまり6本のバーで表すことに。例えば、F(CC1+5)をバーの種類で記すと「324141」となり、V(CC3+1)であれば「234114」となります。

郵便カスタマーバーコードは全部で67本で、スタートコード(13)とストップコード(31)を除くと残りは63本。郵便カスタマーバーコードの内訳は、郵便番号7ケタ+住所表示番号表示13ケタ+チェックデジット1ケタ、計21ケタ×3本となっています。

郵便カスタマバーコードの住居表示番号

郵便カスタマバーコードの個別のコードは、日本郵便のWebサイトに掲載されている「バーコードマニュアル」で確認できます。郵便カスタマーバーコードの左端から3~21本目のバーが、7ケタの郵便番号。その後は、数字+ハイフンで住所表示番号を表します。◯丁目■番△号◆号室なら「◯-■-△-◆」です。

郵便カスタマーバーコードで住所表示番号は13ケタで固定。◆号室の後に空きがあれば、埋まるまでCC4(432)を入れます。郵便カスタマーバーコードの処理が正しいかチェックデジットの数字が入り、ストップバー(31)で終了です。

郵便カスタマーバーコードでCC4以降の数字は住所表示番号とは無関係なので、解読は不要です。郵便カスタマーバーコードのハイフンや数字の0はよく使われるのですぐに覚えられます。残りの数字も丸暗記すれば、人間「郵便カスタマーバーコード」リーダーも夢ではないでしょう。

■「バーコード」おすすめ記事
スーパーの惣菜の値引き前価格のチェック方法

■「モザイク」おすすめ記事
最新AI技術を駆使した「モザイク除去」の到達点

■「アプリ」おすすめ記事
スマホ乗っ取りに使われる最新の手口とは?
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!
追跡アプリ「ケルベロス」をチェックする方法
スパイアプリの決定版「ケルベロス」の発見方法
GPS追跡アプリは仕込んだあと一覧から消せる
iPhoneは自動録音アプリで盗聴器になる危険
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事