ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ANAとJALの機体工場見学は1日で回ることも可能

飛行機ファンの間で有名なのが、ANAとJALが開催している格納庫の機体見学ツアー。コロナ禍により休止となっていましたが、ANAは2022年4月から、JALは2022年5月からツアーを再開しており、公式Webサイトから申し込みが可能。しかも、ANAとJALの機体工場見学は、午前にANA、午後にJALと1日で回ることもできます。


ANAとJALの機体工場見学は1日で回ることも可能

ANAの機体工場見学がリニューアル

ANAの機体工場見学は、2022年4月から「ANA Blue HangarTour」としてリニューアル。実物大の垂直尾翼などに触れられる体験型見学施設が新設されました。

「ANA Blue HangarTour」の開催日は平日で、時間は9:30~11:00/13:30~15:00です。予約開始は開催日の1か月前の同日9:30~となっています。

「JAL工場見学」の開催日は月・火・木・土・日で、時間は10:30~12:20/14:30~16:20です。予約開始は開催日の1か月前の同日9:30~となっています。

ANAとJALの機体工場見学の料金は無料

ANAとJALの機体工場見学はいずれも料金は無料。ツアーの所要時間はいずれも2時間程度で、航空機の整備を行う格納庫のほか、ミュージアムも“すべて無料”で見学できます。

格納庫内の旅客機を間近で撮影できるのがツアーの魅力。巨大な機体はインパクト大です。撮影については、JALは写真・動画ともOKで、SNSなどへの公開も可能。ANAは写真のみ撮影可能で、ネットで公開する場合は事前に許可を得る必要があります。

なお、両社とも見学会は1日2回行っていて場所も羽田空港内で近いので、午前にANA、午後にJALというように1日で両方の見学会を回ることも可能です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事