ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

タイヤの記号を見れば製造年や使用限度がわかる

車のタイヤをよく見てみると、さまざまな記号が書かれています。実はタイヤに表示されている記号から、製造年月日を知ることが可能。さらには、タイヤの使用限度を確認することもできるのです。ふだんあまり気にすることのないタイヤに書かれている記号に、どんな意味があるのかを見ていきましょう。


タイヤの記号を見れば製造年や使用限度がわかる

タイヤの数字が製造年と週を示す

カーショップやホームセンターで安売りされているクルマのタイヤは、製造年にバラつきがある場合があります。タイヤを購入するなら、なるべく製造年の新しいものを選びたいところです。

そこで、覚えておきたいのがタイヤの側面(サイドウォール)部分にある記号や数字の読み方。このうち、ホイールに近い位置に製造番号が表示されていて、そこにある下4ケタの数字が製造年と週を示しているのです。

数字の最初の2ケタが週で、次の2ケタが製造年の下2ケタです。例えばタイヤに書かれた4ケタ数字が「0617」なら、2017年の6週に製造されたということ。「2415」であれば、2015年の24週に製造されたという意味です。

タイヤの使用限度が来たことを警告

ちなみに、1999年以前のタイヤは3ケタの数字で製造年週を示しています。最初の2ケタが製造週で、最後の1ケタは製造年の下1ケタ。例えば「159」であれば、1999年の15週に製造されたということです。

このほか、タイヤのサイドウォールには製造メーカーや商標名、製造国名、工場コード、サイズなど、さまざまなデータが書かれています。中でも、スリップサインの位置を示す三角マークは覚えておいて損はありません。

スリップサインとは深さ1.6mmを示すタイヤの溝で、一段高くなっているラインのこと。このスリップサインがある位置を示すのが三角マークです。スリップサインが出るということは、その溝が1.6mmを切っているということ。すなわち、タイヤ使用の限界が来たことを警告しているわけです。

スリップサインの出たタイヤで走ることは、法令で禁止されています。一度、スリップサインが出ていないか確認してみましょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事