ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETCポイントを車載器なしで貯める方法がある?

高速道路の通行料金がポイント還元されるのが「ETCマイレージサービス」です。実はETCマイレージサービスでは、ETC車載器なしでもETCポイントをゲットできます。というのも、ETC車載器がなくてもETCカード自体は有効だからです。緑色の一般のゲートでもキャッシュレスで使用可能。ETCポイントもしっかり貯められるのです。


ETCポイントを車載器なしで貯める方法がある?

ETCポイントは事前の利用登録が必要

「ETCマイレージサービス」は、高速道路・有料道路をETCで頻繁に利用する人向けのポイントサービス。ETCカードを持っているだけで自動的にETCポイントが貯まるわけではなく、事前にマイレージの利用登録をする必要があります。

ETCマイレージサービスは、ETCによる通行料金の支払額に応じてポイントが貯まり、そのポイントを無料通行分と交換できるのです。なお、ETCポイントの付き方は道路事業者によって異なります。

サービス登録はWebサイトから行え(郵送・電話受付にも対応)、約1週間後から利用可能です。なお、登録の際にはETCカードのほかETC車載器番号とナンバープレート情報が必要。ただし、ETC車載器を取り付けた自動車限定というわけではなく、登録ETCカードをレンタカーで利用した場合もポイントは貯まるのです。

係員のいるゲートでもETCポイント

加えて、ETC車載器のないクルマで高速道路を通行する時でも、手持ちのETCカードは有効。係員のいる料金所でETCカードを使えば、クレジットカードと同じようにキャッシュレスで通行可能です。

ただし、ETC車載器による無線通行が条件になっている、休日や時間帯による通行料金の割引は適用されません。とはいえ、ETCマイレージサービスのポイントは通行料金分、しっかりと加算されます。

例えば、ETC車載器のない親の軽自動車で高速道路を走る際もETCカードで通行料を支払えば、自分のETCカードにマイレージポイントを貯められるというわけです。ETC車載器なしで、ETCカードで通行料金を支払う際は緑色の「一般」のゲートを使用します。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事