ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

タイヤの最高速度を側面の記号から読み取る方法

クルマのタイヤが、カーショップで安売りされているのを見かけたことがあるはず。しかし、実はタイヤは製造年にバラつきがある場合があります。そんなときにチェックしたいのがタイヤの側面。タイヤに表示されている記号から、製造年を知ることが可能。さらには、タイヤの最高速度を確認することもできるのです。


タイヤの最高速度を側面の記号から読み取る方法

タイヤの記号で最高速度を確認する

タイヤにはひび割れを防ぐ「ひび割れ劣化防止剤」という油分が入っているものの、時間が経てば劣化は避けられません。そこで、なるべく新しいタイヤを購入するために、タイヤの製造年を読み取る方法を紹介しましょう。

製造年を調べるには、タイヤの側面(サイドウォール)部分にある4ケタの数字をチェックするのです。数字は製造年と週を示しており、最初の2ケタは週で、後ろの2ケタは年を意味しています。

例えば「1215」と書かれていれば、このタイヤは2015年の12週に製造されているということ。「3114」であれば、2014年の31週に製造されたことを示しているのです。まずは愛車のタイヤの製造年を確認してみるとよいでしょう。

また、タイヤの側面には、製造年以外にも製造メーカーや商標名、製造国名、工場コード、サイズなど、さまざまな意味を持つ文字が表示。さらには、タイヤの記号で最高速度を確認することもできるのです。

タイヤの速度記号のアルファベット

それがタイヤの「速度記号」です。速度記号は、規定の条件下でそのタイヤが走行できる最高速度を示しています。アルファベットで表示されいて、その記号毎に時速が規定されています。

タイヤの速度記号があるのは「205 / 55 R 16 91 V」といったタイヤサイズ表示と呼ばれる部分。断面幅や扁平率、タイヤ構造、リム径、ロードインデックスなどを示している記号群です。

このうち、最後のアルファベットが速度記号です。「L」は最高速度120km/h、「Q」は160km/h、「R」は170km/h、「S」は180km/h、「T」は190km/h、「H」は210km/h、「V」は240km/h、「W」は270km/h、「Y」は300km/hとなっています。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事