ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

首都高速の値上げの影響で逆に値下げになる路線

この4月から首都高速の料金上限がアップし、これまで割安に首都高速を走れた長距離利用では値上げとなってしまいます。この上限アップ、実は首都高速を利用する人だけでなく、昼間の激しい首都高速の渋滞を嫌って外環道や圏央道を利用している人にも影響が発生。首都高の値上げが意外な場所にまで波及しているのでした。


首都高速の値上げの影響で逆に値下げになる路線

高速料金の特例に首都高値上げの影響

首都高速は、2022年4月1日に通行料金を改定します。今回の改定で一番ポイントとなるのが、ETC通行料金の上限が引き上げられることで、普通車は現在上限1320円のところが1950円となります。また、現金車の場合は走行可能でもっとも遠い出口までの通行料金が適用されるため、大半の入口が1950円へ値上げされます。

じつは、今回の首都高速料金改定の影響は、首都高速を走行する自動車だけにとどまりません。というのも、首都圏の高速道路には料金計算の特例があり、首都高速を使わず圏央道・外環道を迂回した方が通行料金が高い場合、首都高速経由の通行料金が適用されるためです。

首都高速料金の上限が引き上げられることで、これまで普通車1320円で済んでいた区間が値上げになると、圏央道・外環道経由の通行料金も値上げとなります。例えば、八王子IC~つくば中央ICの場合、平日昼間の通行料金は現在3730円のところが3850円へとアップするのです。

首都高値上げで深夜は逆に値下げに

一方、首都高速はETC車の上限料金引き上げにあわせ、0~4時までの走行について20%オフになる深夜割引を導入します。この深夜割引は、NEXCO3社と同様にすべての車種に適用。ETC車限定で、現金車の場合は昼間の走行と同一料金です。

この深夜割引導入も、首都高速を走行せず圏央道・外環道へ迂回した場合の通行料金に影響が出ることがあります。例えば、八王子IC~つくば中央ICの場合、首都高速経由の方が圏央道経由より距離が短いものの、圏央道には30%オフのETC深夜割引があるため、現在は0~4時の走行については圏央道経由で料金を計算しています。

しかし、2022年4月1日以降は首都高速にも20%オフの深夜割引が適用となるため、夜間については首都高速経由で通行料金を計算した方が割安になります。そのため、3月31日までの通行料金が普通車2940円のところが、4月1日以降は2840円とわずかですが値下げされるのです。

なお、首都高速の深夜割引はNEXCO3社の深夜割引と異なり、出口・入口いずれかの通過時刻が0~4時の場合に適用となります。例えば、23時30分に首都高速へ乗り、そのまま一晩中、都心環状線をグルグル周り続けて翌4時半に降りる…といったいわゆる「ローリング族」のような走行は深夜割引の対象外です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事