ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

高速の周回走行でのETCバーの反応がわかる動画

高速道路のネットワークが広がることで、路線によっては入口ICから元のICまで戻ってこれるルートが各地に存在。こうした周回走行ルートでは、ETCレーンを利用しないようNEXCO3社はアナウンスしています。そうした中、実際に周回走行してETCレーンを通過すると開閉バーがどう反応するかを検証した動画が公開されています。


高速の周回走行でのETCバーの反応がわかる動画

周回走行をETCは実ルートで料金計算

NEXCO3社の高速道路には、入口IC~出口ICで複数ルートを選択できる場合、最短ルートの2倍以内であれば迂回ルートを走行した際も最短ルートで通行料金を計算するというルールがあります。逆にいえば、最短ルートの2倍を超えてしまった場合は、実際の走行ルートに従い通行料金を支払うことになる仕組みです。

その典型例ともいえるのが、入口ICから出口ICの間に一周するルートを含むパターンで、NEXCO中日本のWebサイトでは横浜町田ICから清水JCT~新清水JCTを経由して厚木ICまで戻るルートを例として掲載。そのまま厚木ICで降りた際の通行料金650円に対し、清水JCT~新清水JCTを経由するケースでは6230円になるとのことです。

いくら高速道路を迂回・周回しようがバレないだろうと思う人もいるかもしれませんし、現金で支払う場合は迂回や周回をチェックできないことも事実。しかし、ETC利用については高速道路本線上に「フリーフローアンテナ」が設置され、ETC車の走行ルートがチェックされているのです。

周回走行でETCバーが開くか動画で検証

高速道路を周回走行した場合について、NEXCO中日本のWebサイトには「出口料金所では開閉バーが開かないことがあります」といった記載があります。この記載は「常にETCバーが開かない」と書かれていないため、逆に料金所のバーが正常に開くこともありえるとも読み取れます。

この点を検証し、Youtubeで公開しているのがHAKASE DRIVEチャンネルです。チャンネルを運営するハカセさんは、さまざまな場所へドライブした様子をYoutubeで公開していますが、そのなかでもETC周回走行の検証動画は再生回数が多くなっています。

「【検証】高速道路を周回走行したらどうなるのか?」というタイトルの動画では、秦野中井IC~大井松田ICを海老名JCT~海老名南JCT・清水JCT~新清水JCTを含む2種類の周回走行で出口料金所でETCバーが開くかをチェック。結果は、どちらもETCバーは正常に開くというものでした。

ちなみに、動画本編では触れられていませんが、コメント欄への記載によると、通行料金自体は実際の走行ルートにもとづき後日きっり請求が届いたとのこと。なお、周回走行でETCバーが確実に開くとは限らないので、周回走行を行った際にはあらかじめ一般レーンを利用することでトラブルを避けた方がよいことは確かです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事