ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ビックカメラSuicaカードは全国どこでも最強説

JR東日本が発行する交通系ICカード・Suicaとセットのクレジットカードは数多く発行されていますが、ビックカメラのポイントカードが一体となった「ビックカメラSuicaカード」はおトク度が高いものです。Suicaエリア外に住む人も、スマホ内蔵のモバイルSuicaと組み合わせることで、使い勝手が大幅にアップします。


ビックカメラSuicaカードは全国どこでも最強説

ビックカメラSuicaカードは高い還元率

ビックカメラSuicaカードは、JR東日本系列会社が発行するクレジットカード・ビューカードとビックカメラのポイントカードが一体となったものです。ビックカメラSuicaカードの年会費は524円ですが、初年度と翌年度以降年1回の利用があれば無料となります。

Suicaと一体型のクレジットカードということで、ビックカメラSuicaカードはSuica・PASMOエリア以外の人にとってあまりメリットがないと思っている人もいるかもしれません。しかし、ビックカメラSuicaカードはSuica・PASMOエリア外に住む人が利用するメリットも大きいのです。

ビックカメラSuicaカードのメリットとして大きいのが、Suicaへクレジットカードからチャージすると、JR東日本のポイントプログラム「JRE POINT」のポイントが、1000円につき15ポイント貯まることです。JRE POINTは1ポイント=1円としてSuicaチャージに使えるため、この時点で還元率は1.5%となります。

ビックカメラSuicaカードで11.5%還元

さらに、Suicaへチャージした残高を利用しビックカメラ各店でショッピングすると、ビックポイントが現金と同じく10%貯まるため、こちらの還元率が10%。JRE POINT分と合わせると還元率が11.5%となり、おトク度が高いのです。

とはいえ、ビックカメラの店舗が近所にない、あるいはSuicaエリア内に住んでいない場合、Suicaへのチャージや貯まったポイントが使えないと思われがち。実際、ビックカメラSuicaカード単体で利用する場合、SuicaチャージはJR東日本主要駅に設置されたATM「VIEW ALTTE」から行う仕組みです。

しかし、スマホ内蔵型のモバイルSuicaと組み合わせ、ビックカメラSuicaカードをチャージ用のカードへ設定するとこの不便さは解消。スマホがネットに接続できる環境であれば、どこでもSuica残高チャージが行え、チャージ残高はコンビニなど交通系ICカード対応各店で利用すればOKです。


ビックカメラSuicaカードを賢く活用

さらに、Suicaが利用できない2万円を超えるショッピングでは、ビックカメラSuicaカードのクレジット機能を活用。この場合、ビックカメラ系列各店舗ではビックポイントによる還元が10%、JRE POINTが0.5%で合計10.5%、その他店舗ではビックポイント0.5%、JRE POINT0.5%で還元率は合計1%です。

貯まった各ポイントについては、JRE POINTは連携したモバイルSuicaを活用することで、どこでもSuica残高へのチャージが可能。ビックポイントについては、ビックカメラのオンラインショップ「ビックカメラ.com」でのショッピングに利用するのが一番賢い活用方法となります。

ただし、Suicaエリア外に住む人の場合、ビックカメラSuicaカードでは地元の鉄道・バス乗車時にJRE POINTが貯まりません。この場合、nimocaなど鉄道・バスの乗車ポイントがあるエリアであれば、鉄道・バスにはnimocaを利用し、それ以外のショッピングでビックカメラSuicaカードを使うといった活用法がお得になります。

■「ビックカメラSuicaカード」基本情報
「ビックカメラSuicaカード」が選ばれる理由

■「ビックカメラ」おすすめ記事
ビックカメラの株主優待をお得に使う手順とは?
ビックカメラとヨドバシの家電アウトレット比較
ビックカメラでポイントを三重取りする方法

■「Suica」おすすめ記事
Suica付きビューカードで一番お得なのはどれ?
カード式Suicaは今すぐ切り替えないと損をする

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事