ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

カード式Suicaは今すぐ切り替えないと損をする

東京近郊でJR東日本を利用する人であれば、ほとんどの人が「Suica」を利用しているでしょう。JR東日本の改札口で見ていると、多くの人はカード式のSuicaを使っていて、モバイルSuicaなどスマホ利用の人は少数派の模様。しかし、実はカード式SuicaよりスマホタイプのSuicaを使う方が、おトク度が高いのです。


カード式Suicaは今すぐ切り替えないと損をする

スマホのSuicaはポイントが4倍貯まる

JR東日本が発行する交通系ICカード「Suica」には、カード式のものとスマホなどに内蔵されたICチップを利用するものに大きく分けられます。カード式Suicaとしては、JR東日本の券売機等で発行可能なSuica単体のものに加え、ビューカードなどクレジットカード一体型のものが用意されています。

クレジットカード一体型のSuicaは、高額なショッピングにはクレジットカードを使い、コンビニなどでの細かい買い物にはSuicaを利用といった具合に、1枚で使い分けらるため便利にも思えます。しかし、JR東日本の鉄道路線へ乗車する場合は、カード式Suicaを利用するのはお得とはいえないのです。

それは、JR東日本のポイントプログラム「JRE POINT」が、鉄道乗車についてはカード式SuicaとモバイルSuicaなどのスマホタイプに比べて貯まるポイントに差を付けているため。カード式Suicaの場合、鉄道利用で貯まるポイントが0.5%なのに対し、スマホタイプは2%と4倍も差があります。

スマホのSuicaはクレカなしでも可能

スマホタイプのSuicaとしては、モバイルSuicaのほかにもApple Pay・Google・楽天ペイも利用可能。いずれを利用する場合も、JRE POINTへ登録のうえでJR東日本路線へ乗車すると2%のポイントが付きます。さらに、モバイルSuicaでは普通車グリーン券もポイント2%対象です。

とはいえ、年齢や過去の支払いトラブルでクレジットカードが作れない人はスマホタイプのSuicaは使えないと思っている人もいるかもしれません。しかし、モバイルSuicaには現金チャージで利用する「EASYモバイルSuica」も用意されているのです。

EASYモバイルSuicaの利用は、モバイルSuicaアプリをインストールしてクレジットカードを登録しなければ自動的にEasyモバイルSuicaになります。ただし、EASYモバイルSuicaではSuica定期券とSuicaグリーン券は利用できないため、通勤・通学に利用するのであればカード式Suicaが必要です。

また、クレジットカードは持てないけれどもスマホタイプのSuicaを使いたい、ということであればみずほ銀行の「Mizuho Suica」を利用するという手もあります。Mizuho SuicaはiOS専用ですが、みずほ銀行の口座からチャージすることが可能で、乗車ポイントもモバイルSuicaなどと同様の2%となっています。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事