ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Suica付きビューカードで一番お得なのはどれ?

「Suica付きビューカード」は、切符や定期券としても使えて便利。JR東日本系列店でポイントが貯まる「JREカード」も登場しています。このほか、ビックカメラなどと提携したものもあり、それぞれサービスが異なっています。はたして、さまざまなSuica付きビューカードは、どれが一番おトクなのでしょう。


Suica付きビューカードで一番お得なのはどれ?

Suica付きビューカードにJREカード

鉄道会社系列で発行してるクレジットカードで利用者が一番多いのが、JR東日本が発行している「ビューカード」です。ビューカードはSuica内蔵タイプも選べるため、鉄道・バスの利用やお買い物にも活用している人も多いでしょう。

これまでSuica付きビューカードは、単独で発行するものとビックカメラやJALなどと提携したカードがあって、基本的には提携カードを選ぶのがおトクでした。それは、提携先のポイントサービスや割引サービスを受けられるためです。

とはいえ、ビックカメラもJALも利用しないという人には、提携カードのメリットはあまりありませんでした。そうした人向けに登場した「JR東日本が提携先」というSuica付きビューカードが「JREカード」です。

JREカードは、アトレやエスパル、ペリエといったJR東日本系の駅ビルでクレジットカードとして使うと3.5%分のJREポイントが貯まることがポイント。また、Suicaにチャージした場合1000円につきJREポイントが15ポイント貯まる点は、他のSuica付きビューカードと変わりません。

Suica付きビューカードのJREポイント

ただし、JR東日本系列でも関東地区の大型店・ルミネは加盟店でなく、クレジット利用でJREポイントが0.5%分付くのみ。キオスクを始めとする「駅ナカ」店舗はSuica利用でJREポイント自体は付くものの、200円につき1ポイントです。

ここで、Suica付きビューカードはJREカードとその他の提携カードのどちらを持つのがおトクなのでしょう。実は、利用頻度が高い提携店のSuica付きビューカードをすべて持っておくのが一番賢い利用方法です。

例えばビックポイントSuicaカードの場合、ビックカメラの支払いをSuicaで行うことでビックポイントが10%付与されます。また、SuicaチャージはJREポイントが1.5%分プラス。クレジットカードとして使わず、一旦Suicaにチャージして支払うと11.5%相当のポイントがもらえるのです。

複数のSuica付きビューカードを持っているとポイント管理が心配になりますが、JREポイントは複数のビューカードを一括管理できる仕組み。1枚でもビューカードを登録すれば、後から発行したビューカードも自動で登録されるのです。

■「ビックカメラSuicaカード」おすすめ記事
東日本以外でもビックカメラSuicaカード最強説

■「交通系ICカード」おすすめ記事
タイトル バス利用で勝手にポイント還元「バス特」とは?
Suicaは何のカードでチャージするのが一番お得?
Suicaで新幹線に乗る方法はどれが一番おトク?

■「交通」おすすめ記事
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
アイドルファンによる新幹線キセルの手口とは?
電車事故で安全なのはパンタグラフが付いた車両
キセル乗車の一団が一網打尽となった手口とは?

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事