ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ビックカメラSuicaカードがやはり一番お得な件

大手家電量販店のひとつであるビックカメラは、高崎・池袋・博多といった都会の中心駅近くへの出店が多く、鉄道との相性が抜群です。そのため、ビックカメラはJR3社と提携クレジットカードを発行中で、鉄道・ビックカメラの両方の利用に特典があります。はたして、そのなかで一番お得に使えるのはどのカードでしょうか。


ビックカメラSuicaカードがやはり一番お得な件

ビックカメラSuicaカードが3倍お得

ビックカメラでは、鉄道会社との提携クレジットカードとして「ビックカメラSuicaカード(JR東日本)」「J-WESTカード(JR西日本)」「BIC CAMERA JQ SUGOCA(JR九州)」の3種類を発行しています。このうち、ビックカメラSuicaカードはSuica、BIC CAMERA JQ SUGOCAはSUGOCAをそれぞれ内蔵しています。

これら3種類のカード共通の特徴として、提携各社の交通系ICカードへのチャージ利用でもポイントが貯まることがあげられます。多くのクレジットカードでは、交通系カードへのチャージはポイント対象外となるため、その点だけでも十分お得です。

とはいえ、交通系ICカードへのチャージについてのポイント還元率はカードごとに異なり、ビックカメラSuicaカードは1.5%、J-WESTカードとBIC CAMERA JQ SUGOCAは0.5%。ビックカメラSuicaカードは他の2カードと比べ、ポイント還元率が3倍にもなるのです。

ビックカメラSuicaカードの還元率差

ただし、ビックカメラSuicaカードで1.5%還元となるのはオートチャージとモバイルSuicaへのチャージのみで、JR主要駅にあるATM「VIEW ALTTE」を利用して内蔵Suicaへチャージすると0.5%還元に下がります。このため、ビックカメラSuicaカードはモバイルSuicaと組みあわせて利用した方が有利です。

ビックカメラの提携カードということから、3カードともにビックカメラでの利用でおトクなサービスがあり、通常クレジットカード利用ではビックポイントが8%しか貯まらないところが、3カードともに現金と同じ10%還元となります。

ところが、ビックカメラや提携JR各社以外での利用については3カードにポイント還元率の差があります。ビックカメラSuicaカードはJRE POINTで0.5%に加えビックポイントが0.5%貯まるのに対し、J-WESTカードはJ-WESTの0.5%還元、BIC CAMERA JQ SUGOCAはJQポイントの0.5%還元のみです。

■「ビックカメラSuicaカード」基本情報
「ビックカメラSuicaカード」が選ばれる理由

■「ビックカメラ」おすすめ記事
ビックカメラの株主優待をお得に使う手順とは?
ビックカメラとヨドバシの家電アウトレット比較
ビックカメラでポイントを三重取りする方法

■「Suica」おすすめ記事
Suica付きビューカードで一番お得なのはどれ?
カード式Suicaは今すぐ切り替えないと損をする

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事