ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

マルセイバターサンドに似たレーズンサンド登場

ジェネリックは「一般的」という意味の単語ですが、成分が同じ後発薬・ジェネリック医薬品の浸透で、「成分が同じ」「似ている」という意味でも使われるようになりました。その流れで使われているのが「ジェネリック菓子」。気軽にありつけない有名店の逸品が、どこにでもあるコンビニなどで手軽に同等の味が楽しめます。


マルセイバターサンドに似たレーズンサンド登場

マルセイバターサンドにジェネリック

「白い恋人」と並ぶ、北海道の人気お土産が「マルセイバターサンド」です。製造元はおなじみの北海道の六花亭で、1個あたりの価格は136円となっています。

この六花亭のバターサンドも、ジェネリック菓子をセブンとファミマの2店で入手できます。セブン-イレブンの「発酵バター仕立てのレーズンサンド」は価格122円。製造元はスリースター製菓(群馬県)です。

ファミリーマートの「レーズンサンド」は価格130円。製造元は不二家(神奈川県)となります。セブンは本家と同じく、生地にアーモンド入り。ファミマは不二家製の甘~い仕上がりです。

マルセイバターサンドと似ている甘さ

本家マルセイバターサンドとファミマは甘さが似ており、セブンはラムが強めで大人な味わい。ただし、ビスケット部分はセブンの方が似ている印象です。

長らく庶民に愛されてきたスナック菓子「カール」ですが、売り上げ低迷のため2017年に中部地方以東での販売が終了となりました。取り上げられると欲しくなるのが人間の性でしょう。

ファミマにはカールにそっくりなジェネリック菓子があります。「か~るいチーズスナック」は価格108円。製造元は東ハト(埼玉県)です。商品名は「かる~い」ではなく、「か~るい」。そう、カール需要を狙った確信犯です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事