ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

アイコム「IC-R6」(広帯域受信機)

入門機でありながら、ヤワな上位機種を凌駕する高い基本性能を備える、アイコムの「IC-R6」。すべての周波数帯で高感度を発揮し、速いスキャン&サーチ速度、さらに少ないボタンを巧みに使った操作系は、発売以来のベストセラーを続けています。受信支援機能も豊富でアナログ受信機として完成の域に達しています。基本設計が古いためディスプレイはセグメント方式。表示能力が現在の仕様に追い付いていない点が唯一の欠点ですが、コストパフォーマンスに優れたハンディ機です。実勢価格は19,800円となっています。


アイコム「IC-R6」(広帯域受信機)

■スペック
サイズ/重さ 58W×86H×29.8D㎜/200g
受信周波数範囲 0.1~1309.995MHz
受信モード FM/ワイドFM/AM
周波数ステップ 5~200kHz(13種)
録音機能 無し
通常のメモリー数 1,300チャンネル
バンク構造 100チャンネル×22バンク
サーチバンド数 25組
メモリー管理ソフト 「CS-R6」(有料)
トーンスケルチ 50波(逆トーン対応)
デジタルコードスケルチ 104コード(逆DCS対応)
空線信号キャンセラー JR・私鉄対応

■「受信機」おすすめ記事
広帯域受信機を4,000円で手に入れる方法とは
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
DJ-X81の盗聴器発見機能を実際に使ってみた
IC-R6のユーザー評価が高い理由は電池の持ち
パトカーや白バイの追尾を知らせるお手軽受信機
デジタル簡易無線は端末そのものを受信機にする
デジタル受信機「AR-DV10」操作には慣れが必要
AR-DV10のデジタル無線受信の可能性をチェック
消防無線の秘話通信を解読できるハンディ受信機

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事