ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

アイコム

航空祭で人気のIC-R6はブルーインパルスも受信

アイコムの「IC-R6」は2万円を切る実勢価格と高い感度、コンパクトなサイズから、ビギナーはもちろん、ベテラン勢からも支持されています。エアーバンドを聞くツールとして、全国の自衛隊基地で開催さ[…続きを読む]

IC-R6を改造して“歯抜け”の受信周波数を拡大

2010年に発売されたアイコムの広帯域ハンディ受信機「IC-R6」は、周波数を打ち込む数字キーが無いテンキーレスモデル。少ないボタンで良好な操作性を実現しています。さらには、盗聴器の周波数を含[…続きを読む]

IC-R6は部品構成を変えながら続くベストセラー

2010年1月の発売から12年以上もロングセラーを続けているハンディ受信機がアイコムの「IC-R6」です。この間に他メーカーから、受信の入門モデルとして多くのライバル機が登場しましたが、IC-[…続きを読む]

IC-R30でエアーバンド受信エキスパートを目指す

エアーバンド受信がステップアップしていくと、テンキーは必須。経験則で得た移行先の周波数を、すぐさま入力するためです。そして2波同時受信機能もマストであり、広帯域での良好な感度が求められます。エ[…続きを読む]

エアーバンド初心者にIC-R6おすすめできない理由

エアーバンドに限らず、おもしろ無線の受信を始める人に向けた、実勢価格が2万円台前半の入門機は、3メーカーによって1990年代からラインアップされてきました。売れ筋商品として、飛躍的に進化してき[…続きを読む]

IC-R30はGCIなど不明波発見に絶大な威力を発揮

アイコムのデジタル対応受信機が「IC-R30」です。デジタル波の安定した復調は、高い評価を得ています。そして2波同時受信が可能な多機能機で、録音機能も装備していることから、アナログ波用として、[…続きを読む]



IC-R6ユーザーを航空祭会場で多く見かける理由

発売は2010年1月。12年経過した現在でも高い評価を受け続けているのが、アイコムの広帯域受信機「IC-R6」です。ロングセラーのため、部品調達の関係から中身は数回の再設計を受けています。現在[…続きを読む]

レジャー無線受信の新定番「IC-R30」の魅力とは

おもしろ無線の世界では、レジャー施設や大型商業施設、大勢の人が集まるイベント会場などで使われる無線を「レジャー無線」と名付け、エアーバンドなどと同じ1つの受信ジャンルとしています。しかし、エア[…続きを読む]

アイコム「IC-R6」(広帯域受信機)

入門機でありながら、ヤワな上位機種を凌駕する高い基本性能を備える、アイコムの「IC-R6」。すべての周波数帯で高感度を発揮し、速いスキャン&サーチ速度、さらに少ないボタンを巧みに使った操作系は[…続きを読む]

アイコム「IC-R30」(広帯域受信機)

アイコムのデジタル対応受信機が「IC-R30」です。業務無線機メーカーの立場から、聞けるデジタル波や秘話コードへの対応は制限されています。デジタル対応機としての限界はありますが、受信機としての[…続きを読む]


オススメ記事

盗撮犯罪で逮捕される事件急増!自分の身を守る方法

悪質な盗撮犯罪は年々増加傾向にあります。警察庁によると、2021年の盗撮行為による検挙件数は5019件で過去最多を更新。盗撮犯罪は1930件だった2011年から10年間で2倍以上に増えたことに[…続きを読む]

盗聴器の見つけ方!アプリや発見機の使い方も解説

テレビ番組の盗聴特集などを見て、自宅に盗聴器が仕掛けられていないか気になった人は多いでしょう。盗聴器の見つけ方は、そんなに難しいものではありません。そこで、盗聴器の見つけ方をいくつか紹介しまし[…続きを読む]

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、探偵がLINEの会話を盗み見する盗聴&盗撮テクニックを見ていくと[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「盗聴器アプリ[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの当たり確率と見分け方を紹介しまし[…続きを読む]