ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

IC-R30でエアーバンド受信エキスパートを目指す

エアーバンド受信がステップアップしていくと、テンキーは必須。経験則で得た移行先の周波数を、すぐさま入力するためです。そして2波同時受信機能もマストであり、広帯域での良好な感度が求められます。エアーバンド受信のエキスパートを目指すなら、ベストバイはアイコムの「IC-R30」で決まりです。


IC-R30でエアーバンド受信エキスパートを目指す

IC-R30で24時間態勢エアーバンド受信

IC-R30の優れた点は、基本性能が高次元でマッチングしていることに加え、アイコム方式の受信データを一緒に記録する録音機能を搭載し、2波同時の録音が可能なところです。

2つのバンドを毎秒200チャンネルもの超高速でサーチさせながら、それぞれのバンドで交信ごとに1つのファイルとして記録してくれるのです。

2波同時受信+2波同時録音を作動させれば、軍用機が訓練飛行する平日の日中、つまり留守中でもGCIなどの未判明波の発見が可能になります。IC-R30が1台あれば、24時間態勢のエアーバンド受信システムが構築できるのです。

そんな、IC-R30にも欠点がないわけではありません。外来ノイズに少しばかり弱いということ。最近のハンディ機は、カメラのノイズを拾うことが多くなったように感じるのですが、特にIC-R30はその傾向が強いのです。

IC-R30はVHF帯エアーバンドいまいち

空港や基地周辺でIC-R30で受信しながら撮影していると、撮影後にバッファからSDカードに書き込まれる際、ノイズを拾うようなのです。使用するカメラによって異なるでしょうが、撮影現場で受信する人は、Bluetoothイヤホンを活用してカメラとIC-R30を少し離しておくのがよいでしょう。

もう一つIC-R30で気になるのは、VHF帯エアーバンドの感度が、いまいちなところ。民間機を遠距離受信する場合は、他の受信機を使った方が得策かもしれません。

IC-R30の欠点として挙げた2つのポイントをカバーするのが、同じくアイコムの「ID-52」です。アマチュア無線機のためか、外来ノイズへの耐性は混変調を含めて強化されています。

この点を評価して第2位としました。IC-R30と同様に2波同時受信+2波同時録音は可能なものの、AMモードがセットできるのはAバンドに限られます。エアーバンドで、2波同時受信ができないのはネックと判断しました。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事