ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

IC-R30「2波同時録音機能」フル活用する設定

音声と一緒に受信周波数が記録されるアイコムの録音機能は、スキャンやサーチによる留守録で、未判明周波数の発見や使用者の特定が可能になります。他メーカーの追従を許さない使いやすさが好評で、IC-R30では2つのバンドを別々に記録できる、2波同時録音機能へと進化させてきました。


スポンサーリンク
IC-R30「2波同時録音機能」フル活用する設定

IC-R30の録音機能はボタンひと押し

聞こえてきた交信を咄嗟に録音できるよう、IC-R30の録音機能のスタートはRECボタンのひと押しでOK。AバンドとBバンドのどちらをメインバンドに指定していても、2つのバンドを録音します。

2波同時受信を余すことなくサポートする、2波同時録音機能というわけです。録音機能を1度作動させれば、電源を再投入しても、録音の待機状態は維持されているので、録音し忘れることもありません。IC-R30は常時録音が基本です。

IC-R30の録音ファイルの再生は、本体でもPCでも可能です。本体で再生する場合、MENUボタンから設定画面で「受信録音/再生」を選択。「ファイル再生」を選びます。録音中でも再生できるのは便利です。

録音ファイルは、日付ごとに分けられたフォルダに収納されています。録音ファイルを一覧で表示すると、枠外に周波数を表示するので目的の録音ファイルが探しやすい設計。受信日時・周波数・受信モードと共に、交信音声が再生されます。

IC-R30の2波同時録音をフル活用

PCに接続して再生する場合は、IC-R30を付属のUSBケーブルでPCと接続してVoiceフォルダをクリック。録音ファイルをクリックすると再生される仕組みです。本体での再生と同様に周波数などが表示されます。

IC-R30の2波同時録音機能をフル活用するために、録音ファイルを細かく生成して再生時の無音部分を減らしましょう。MEMUボタンを押して「受信録音/再生」を選択。「録音設定」の3項目を確認して下さい。

「受信録音条件」は「スケルチ連動」を選択。スケルチが開いて閉じる(信号が切れて2秒後)までの時間を録音するので、録音ファイルに無音部分が少なくなります。また、スケルチ連動を設定した際は「ファイル分割」を「ON」にして、録音ファイルを1つの交信ごとに生成します。

さらに「録音操作」は2つのバンドで録音する「A/B同時」に設定。メインバンドだけを録音したい時は「A/B個別」を選択します。

■「IC-R30」おすすめ記事
デジタル対応ハンディ機「IC-R30」の実力
最新ハンディ機「IC-R30」で聞けるデジタル無線
IC-R30でデジタル簡易無線の秘話コードを解析
アナログとデジタルが混在の簡易無線の楽しみ方

■「受信機」おすすめ記事
広帯域受信機を4,000円で手に入れる方法とは
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
DJ-X81の盗聴器発見機能を実際に使ってみた
IC-R6のユーザー評価が高い理由は電池の持ち
パトカーや白バイの追尾を知らせるお手軽受信機
デジタル簡易無線は端末そのものを受信機にする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事