ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Suicaよりお得なPASMOポイント「トブポマイル」

首都圏に住む人にとって、交通系ICカードにSuicaを使うかPASMOを選ぶかは悩みどころ。とはいえ、Suicaが鉄道乗車にポイントサービスを続々スタートしているのとは逆に、PASMOのポイントサービスは縮小傾向。そうしたなか、東武鉄道が2021年10月から開始した「トブポマイル」は、Suica以上に鉄道乗車でお得になる仕組みです。


Suicaよりお得なPASMOポイント「トブポマイル」

トブポマイルのポイント還元は2種類

東武鉄道の鉄道乗車でポイントが貯まる「トブポマイル」は、東武グループ共通のポイントプログラム「東武ポイント(トブポ)」の1サービスとして2021年10月からスタートしました。トブポマイル対象エリアは東武鉄道全線で、定期券区間での乗車と乗り放題プラン利用は対象外です。

トブポマイルを貯めるには、鉄道乗車に利用するPASMOをスマホアプリ「TOBU POINTアプリ」へ登録する必要があり、アプリはApp StoreとGoogle Playストアから無料でダウンロード可能。また、ポイントの貯め方には「おでかけマイル」「リピートマイル」の2種類あります。

おでかけマイルは、乗車運賃の3%分が貯まるポイントで、Suicaのポイント還元率2%を上回るお得なサービスです。ただし、カード式PASMOはトプポマイル対象外で、スマホ内蔵型の「Apple PayのPASMO」「モバイルPASMO」を利用してトブポマイルを貯めることになります。

トブポマイルは回数券より高い還元率

一方、リピートマイルについてはカート式PASMOも対象となり、こちらは同一運賃区間の月額利用回数に応じ運賃の4~12%が貯まる仕組み。月利用回数ごとのポイント還元率は、8~15回が4%、16~23回が8%、24回以上が12%で、月利用金額分全額にこの還元率が適用されます。

例えば、IC運賃251円の区間を月30回利用した場合、月利用金額は7530円となり、貯まるトブポマイルは903円分です。実は、東武鉄道ではトブポマイル開始と同時に回数券を廃止しましたが、回数券の割引率は約9%。おでかけマイル3%と合わせると、月乗車回数が16回を超える人はよりお得になったとも考えられます。

貯まったトブポマイルは、1マイル=1円としてPASMOチャージに使えるほか、東武ポイントへの交換では10%相当が上乗せされます。例えば、トブポマイル100マイルを東武ポイントへ交換すると110ポイントとなり、入手した東武ポイントは加盟店で1ポイント=1円として利用可能です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。