ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

1000円で借りられる駅レンタカーのお得な利用法

JR駅の構内や駅近くで営業する「駅レンタカー」は、旅行先や出張先での移動に便利です。しかし、旅行先や出張先ではなく、旅行や出張帰りに自宅まで利用するのに便利な駅レンタカーのサービスが、JR西日本の新幹線停車駅2駅で行われています。利用料金も1回わずか1000円なので、うまく活用すれば出張帰りの移動がラクになるのです。


1000円で借りられる駅レンタカーのお得な利用法

駅レンタカーが1000円と大幅に割引

JR西日本エリアで駅レンタカーを展開するJR西日本レンタリースは、新神戸駅・姫路駅の2駅にある営業所で「JR通勤アシストレンタカー」というサービスを実施中です。このサービスは、夕方の18時以降から翌朝9時までのレンタカー料金が1000円と、大幅に割引されるものです。

JR通勤アシストレンタカーで借りられる車種は、フィット・ヴィッツなどが該当する小型のSクラス限定で、ネット予約で12時間借りた場合の料金は4650円です。JR通勤アシストレンタカーの割引率を計算すると破格の78%オフということになります。

実は、同様の夜間限定割引をカーシェア各社も行っていますが、いずれも1000円で借りることはできません。例えば、最大手のタイムズカーの場合、18~9時のナイトパック料金は2640円で、JR通勤アシストレンタカーの2倍以上です。

駅レンタカーの営業時間に注意する

JR通勤アシストレンタカーは、名称に「通勤」と入るものの新幹線停車駅限定である点と、毎日の通勤でのレンタカー利用は現実的ではないことから、旅行や出張などの帰りに山陽新幹線で自宅へ戻る際に活用すると便利なサービスといえます。

とくに、旅行先から大量のおみやげを持ち帰る際には、タクシーを利用したくなるところですが、駅近くに住んでいない限り、タクシー料金は1000円を超えてしまいます。その点、JR通勤アシストレンタカーであれば1000円プラスガソリン代で自宅までの帰りと、翌朝駅までの通勤が可能です。

ただし、新神戸駅・姫路駅ともに駅レンタカーの営業時間が8~22時となっており、翌朝の返却可能時間が8~9時の1時間しかない点には要注意。9時を過ぎてからレンタカーを返却した場合、JR通勤アシストレンタカーの料金は適用されず、通常料金との差額が必要になります。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事