ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

撮り鉄が殺到する鉄道イベントどうやって探す?

どのジャンルのマニアにも必ずいるのが、カメラを趣味とする人たち。よく知られているのが鉄道ジャンルにおける「撮り鉄」の存在でしょう。最近、鉄道ファンの界隈で話題なのがJR東日本のECサイト「JRE MALL」が販売している鉄道イベント。最大の魅力は、普段は入れない車両基地などでレア車両を至近距離で撮影できるところです。


撮り鉄が殺到する鉄道イベントどうやって探す?

鉄道イベントも販売しているECサイト

「JRE MALL」はJR東日本が運営するECサイトです。雑貨やスイーツなどの商品に加え、鉄道関連グッズや鉄道イベントを販売。不定期で駅名標看板や行先表示幕といった、鉄道古物のオークションも開催しています。

例えば、東京総合車両センターで山手線の新型車両E235系の撮影&乗務体験ができたり、国鉄型DE10形の撮影&運転体験ができるといったものです。

E235系の乗務体験と東京車両センターの見学、撮影会などが付いたプランは2万円ですが、既に完売していました。特に定期運行が終了し撮影機会が激減した国鉄型車両などを撮れるとあって、往年のファンに支持されているのだといいます。

「115系&143系コンプリート撮影会」など、旧型車を撮影できるイベントの人気が高いのが特徴。レア車両の撮影会は高額でもマニアが殺到するといいます。

鉄道イベントを情報サイトでチェック

料金は2,000~40,000円と決して安くはないものの、人数が制限されているので他人が邪魔で撮れない…といったストレスなく快適に撮影できるメリットは大きいでしょう。

鉄道車両の撮影会はJR東日本以外にもさまざまな事業者が実施しており、中でも江ノ島電鉄や小湊鐵道といったローカル線の鉄道イベントが人気です。

例えば“菜の花列車”で知られるいすみ鉄道。撮り鉄向けに「撮影スポット・マナー講座」を開催し、話題を集めました。「鉄道コム」をはじめとした情報サイトでは、車両撮影会や記念列車の運行情報などをチェックできます。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事