ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ヤッターメン最新パッケージで当たりを攻略した

ヤッターメンは、中国人風の男性イラストが描かれたパッケージが懐かしい駄菓子。正式にはジャック製菓の「ヤッター!めん」という商品です。金券タイプの当たり付きで親しまれてきました。そんなヤッターメンが大幅にリニューアル。ヤッターメンの最新パッケージで当たりを攻略してみました。


スポンサーリンク
ヤッターメン最新パッケージで当たりを攻略した

ヤッターメン当たりが3種類に変更

ヤッターメンは、購入店で50円や100円の商品と交換可能な引換券がもらえる当たりくじ付きのスナック菓子です。これまで当たりは「10円・20円・50円・100円」という4種類。100円当たりはパッケージの社名と住所の印刷でわかりました。

しかし、ヤッターメンがリニューアルを実施。当たりが「50円・100円・もう1コおまけ」の3種類に変更されました。「10円・20円」の当たりが廃止されています。残念ながらリニューアルによって、従来の当たり攻略法が使えなくなってしまいました。

そこで、リニューアル後の最新パッケージで、改めてヤッターメンの当たりの判別方法を解説しましょう。まずはヤッターメンの当たりがどれくらいの確率なのかを確認します。

ヤッターメンで当たりを引く確率

ヤッターメン140個入りパッケージで当たりの数は14本。当たりを引く確率は10%と比較的高めです。当たりの内訳は「50円」が2本、「100円」が2本、「もう1コおまけ」が10本となっています。

そして、ヤッターメンの当たり攻略法はパッケージの印刷に注目。まず「もう1コおまけ」はイラストに描かれた丼の左端の模様が「-」なら当たり、カギ型だったらハズレになります。

「50円」はイラストの指と箸のつなぎ目に注目。つなぎ目に白い点が2つあるものが当たりです。白い点が1つはハズレになります。「100円」は、コイン下側の白い点が潰れ気味だと当たり、しっかり白い点が見えるのはハズレです。

■「ヤッターメン」おすすめ記事
「ヤッターメン」で儲けるための傾向と対策

■「当たり」おすすめ記事
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
チョコボールの当たりを見分ける方法まとめ
よっちゃんイカは切り口の長さで当たりがわかる
よっちゃんイカの当たりを印刷で判別する方法
マルカワのフーセンガムの当たり攻略マニュアル
チョコバットでホームランを狙い打ちする攻略法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事