ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

チョコボールの銀のエンゼルを見分ける方法は?

チョコボールの「銀のエンゼル」は、5枚集めると「おもちゃの缶詰」がもらえます。このため、チョコボールでエンゼルを引き当てる裏ワザは古くから研究されています。当初の攻略ポイントは“バリ”と呼ばれるパッケージの小さな突起でした。しかし、以降のエンゼル攻略は複雑化の一途をたどっています。


チョコボールの銀のエンゼルを見分ける方法は?

銀のエンゼルにダミーが少数混入

チョコボールは1960年代に発売された森永製菓のチョコレート菓子。チョコボールの銀のエンゼルは当初、簡単に見分けられました。エンゼルとハズレのパッケージでは、バリの位置が明らかに違っていたからです。

これはエンゼルが印刷されているパッケージは、別工程で作られているために生じるもの。誰にでも簡単に見分けられたため、メーカーである森永製菓は対策に乗り出しました。「ダミー」と呼ばれる“当たりと同じ位置にバリがあるハズレ”が、少数混入されるようになったのです。

そして現在は、パッケージ印刷の濃淡、外装フィルムの加工精度、折り曲げ位置の差異など、多くのハズレとは異なる部分を持つ個体を探し出す「仲間外れの法則」で、銀のエンゼルを攻略するのが主流となっています。

そこで、チョコボールで銀のエンゼルを当てる最新攻略法を見ていきましょう。なお、チョコボールの最新攻略法を検証したところ、銀のエンゼルは20個入りのケースに各1個ずつ入っていました。

銀のエンゼルが当たる確率は5%

すなわち、チョコボールで銀のエンゼルが当たる確率は5%ということ。攻略ポイントを見つけて、少しでも当たる確率をアップしたいところです。

チョコボールの「ピーナッツ」は、パッケージ底面に攻略ポイントを発見。開封オビにズレの無い6個のうち、底面にある「8」の刻印が「プラ」マークに掛かっていない1個だけが銀のエンゼルでした。

チョコボールの「キャラメル」はルーペが必要になるレベルですが、裏面上端の合わせ目に相違点がありました。間隔が広いパッケージが銀のエンゼルで、狭いのがハズレです。

チョコボールの「いちご」は上面のくちばしが折れ曲がる部分に違いがあります。銀のエンゼルは黄色い三角部分が大きく、ハズレは小さいのです。なお、生産される時期によって銀のエンゼルの攻略ポイントは変わっていきます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事