ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ISOイメージを書き込むためのImgBurnの使い方

動画をDVDやBDに保存するなら、まずはISOイメージを作成。確認ができたらいよいよディスクへのデータの書き込みです。ISOイメージの書き込みには定番ライティングソフト「ImgBurn」を使います。ISOイメージを書き込むためのImgBurnの使い方を見ていきましょう。



スポンサーリンク
ISOイメージを書き込むためのImgBurnの使い方

ISOイメージの書き込みが簡単

ImgBurnはCD/DVD/BDのすべてに対応した万能ライティングソフトで、ISOイメージの書き込みも簡単。日本語化ファイルも用意されているので日本語化して使いましょう。

ImgBurnは専用サイトからダウンロードします。日本語化ファイルは日本語化工房のサイトからダウンロード。ImgBurnのインストールフォルダ内にある「Languages」フォルダにコピーして使います。

ImgBurnでISOイメージをメディアに書き込むには、最初のメニューで「イメージファイルをディスクに書き込み」を選択。あとは書き込みたいISOイメージをドラッグ&ドロップで登録します。

空のDVD-R、BD-Rを光学ドライブにセットすると、ソフト下部にあるライティングボタンがクリックできるようになるので、クリックして書き込みを開始するという流れです。ISOイメージを書き込むためのImgBurnの使い方を詳しく見ていきましょう。

ISOイメージの書き込みは完了

まずImgBurnを起動したら、最初に表示されるメニューで左上の「イメージファイルをディスクに書き込み」を選びます。ディスクに書き込みたいISOイメージをドラッグ&ドロップ。もしくは「入力元」でファイルを選択して登録します。

ブランクディスクを光学ドライブに挿入すると、ライティングボタンがクリックできるように変化。クリックするとライティング画面に移行して、書き込み状況が表示されます。初期設定では最初にデータにエラーがないか確認を行い、その後、書き込みが始まる流れです。

しばらくして、「Operation Successfully Completed!」と表示されたらISOイメージの書き込みは完了。完成したディスクを取り出しましょう。これでDVDやBDを対応プレーヤーで問題なく再生できるはずです。

なお、BDの場合は書き込みに使用したドライブやメディアの相性によって、PCで再生できても家電レコーダーでは再生できないなどの不具合が起こることがあります。設定や環境を変えてみましょう。この情報は『ラジオライフ』別冊に掲載されていました。

■「ISOイメージ」おすすめ記事
DVD Flickの使い方をマスターして動画をDVD化
Freemake Video Converterの使い方をマスター
ISOイメージの再生方法はDVDとBDで違っている

■「動画」おすすめ記事
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
動画共有サイトはどのブラウザを利用する?
動画をダウンロードする際のボーダーラインとは
動画配信が見放題で持ち帰りOKなネットカフェ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事