ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ワンクリック詐欺ならぬフォークリック詐欺とは

ワンクリック詐欺とは、Webサイトにある認証ボタンや画像のリンクをクリックしたことを「契約が成立した」と見なし、一方的に高額な登録料・利用料を請求する詐欺のこと。アダルトサイトを舞台としてすることが大半です。さらに最近では、フォークリック詐欺も報告されています。



スポンサーリンク
ワンクリック詐欺ならぬフォークリック詐欺とは

ワンクリック詐欺にSNSを利用

ワンクリック詐欺は、例えばアダルトサイトにある「20歳以上入口」をクリックしたり、動画の再生ボタンを押すと、「無事登録が完了しました。料金は99,500円になります」などというポップアップ画面が出現するというものです。

さらに「お客さまの個人情報を登録しました」「期日までに支払いがない場合は債権回収業者に委託します」などの脅し文句が書かれていることもあります。このため、不安に駆られて払ってしまう人も多いようです。

最近は、ワンクリック詐欺にTwitterやLINEなどのSNSが利用されるケースも増えています。「あの人気女優の整形前写真はココ!」などの興味を誘うセリフとともにリンクを書き込み、詐欺サイトへと誘導。URLはSNSの短縮URLサービスが悪用されるため、一見すると危険なサイトかどうかわかりません。

フォークリック詐欺の手口とは

ワンクリック詐欺に対し、複数回クリックさせる「ツークリック詐欺」「フォークリック詐欺」などと呼ばれる手口も報告されています。メールを用いた会員登録、年齢認証や利用規約の確認というような数ステップを踏んだユーザーに対し、高額の料金が請求されます。

あえて複数回クリックさせるのは、ユーザーに正常な登録手順を踏んでいると錯覚させたり、ワンクリック詐欺を知る人の警戒心を解くため。もちろん請求された料金は支払う必要はないものですが、利用者は4回もクリックした後ろめたさもあり、請求に従ってしまうことが多いといいます。

では、もしワンクリック詐欺や複数回クリック詐欺に引っかかってしまった場合、どうすればいいのか。取るべき行動と対処法を解説します。この情報は『ラジオライフ』別冊に掲載されていました。

■「ワンクリック詐欺」おすすめ記事
ワンクリック詐欺で悪質なのは心理的圧迫の手口
ワンクリック詐欺は無視するのが何よりの対策
ワンクリック詐欺に遭ったらスマホでも無視する

■「詐欺」おすすめ記事
偽セキュリティソフト詐欺に遭わない防衛策とは
詐欺の手口は時代の変化とともに進化してきた
詐欺事件の黒幕が被害者となるケースもある

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事