ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

個人情報保護シールでピンポイントで目隠しする

カードの利用明細などに使用されている、個人情報の保護シールを利用したはがき。個人間のはがきのやり取りでも、個人情報を保護するために利用したいと思ったこ都がある人も多いでしょう。じつは、手軽に使える個人情報保護シールは販売中。さっそく、その保護能力を検証してみましょう。


スポンサーリンク
個人情報保護シールでピンポイントで目隠しする

個人情報のピンポイント保護シール

隠したいところだけをピンポイントで目隠しできるのが、ヒサゴの「ちぎって貼る情報保護ラベル」。切り離しやすいミシン目入りで、最小1㎝角の大きさにカットできる個人情報保護シートです。サイズは100W×105Hmm。実勢価格は900円となっています。

住所や電話番号だけ隠す、なんて小回りがきくのが特徴。部分的に情報を隠したい時に最適です。シートは時間が経ってもきれいに剥がせる設計。文字のインク移りなどはなくしっかり読めます。実際に光を当てて裏から見ても、文字はほとんど透けません。しっかりガードされているので安心でしょう。

ハガキ半分の大きさを一発でガードしたいなら、サンワサプライの「貼り直しができる目隠しシール(2面付)」。その名のとおり、およそハガキ半分サイズの面積で、個人情報をマルっと保護します。

何度も貼り直しができるので、社内で回す書類の保護などに最適。剥がした後も付きません。接着面の銀色加工により、裏面を透かして見ても真っ暗。文字は一切透けませんでした。サイズは90W×138Hmmで、実勢価格は950円です。

個人情報を保護する一文入りシール

勝手に開けたらすぐバレる開封防止用シールが、ヒサゴの「はがすと壊れる開封防止シール」。荷物や封筒をそーっと開けて個人情報をチェックしようとすると、シールがボロボロになります。

すなわち、誰かが開封しようとしたことがひと目で分かる封かんシールです。普通のテープよりも、脆くすぐにちぎれてしまう設計。貼る際に破らないように気をつけましょう。「このシールははがすと壊れます」という、関係者以外の開封から個人情報を保護する一文入りです。

実際にシールの端っこを爪でつついて剥がそうとすると、ポロポロとシールが切れてしまいました。きれいに開けて後で貼り直せばバレない…なんて思惑は通用しないのです。サイズは105W×148Hmm、実勢価格は1,000円となっています。(文/溝口敏正)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事