ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

個人情報漏洩の不倫サイトの流出データを検証

個人情報が漏洩した世界的な不倫サイトのニュースはまだ記憶に新しいところ。ハッキングチームがTor経由でのみアクセスできるサイトでデータを公開することで、3,700万人もの個人情報が漏洩した事件です。実際にどのような個人情報が漏洩したのか流出データを検証してみました。



スポンサーリンク
個人情報漏洩の不倫サイトの流出データを検証

個人情報漏洩データは圧縮ファイル

個人情報の漏洩データは、最初にTorネットワーク上にアップされました。Tor Browserでアクセスできるものの、現在サーバは停止中です。そこでTorrentサイト「Pirate Bay」で漏洩データをダウンロードします。P2PのTorrentファイルなので、「μTorrent」などTorrent用クライアント(専用ダウンローダー)が必要です。

実際の手順は、Torrentサイト「Pirate Bay」にアクセス。次に”GET THIS TORRENT”をクリックしてTorrentのダウンローダー(μTorrentなど)を起動します。無料のクライアントソフト「μTorrent」は設定画面で、ダウンロードしたデータの保存先や名前の変更、ハッシュチェックの有無が選べます。

約9.7Gバイトの個人情報漏洩データの中身は、「gz」「7z」などの拡張子が付くファイルです。これらは圧縮ファイルであり、WinRARや7zipなどのソフトで解凍可能。中身はカード決済やメールなどに分かれていました。

個人情報漏洩データの主な内容

個人情報漏洩データにあったファイルの主な内容は「am_am.dump.gz」がプロフィール・自己紹介などです。「aminno_member.dump.gz」はニックネーム・生年月日・国など、「aminno_member_email.dump.gz」はメールアドレス、「ashleymadisondump.7z」は内部資料などでした。

このほかの個人情報漏洩データは「CreditCardTransactions.7z」がカード決済履歴、「member_details.dump.gz」がユーザーコメントなど。「member_login.dump.gz」にはログインID、パスワードハッシュが入っています。

ただし、これらの個人情報の漏洩データはSQLダンプ(データベース用ファイル)。読むにはテキストファイルへの変換が必要です。この情報は『ラジオライフ』2015年12月号に掲載されていました。(文/island)

■「個人情報」おすすめ記事
Tポイントの個人情報提供を停止する方法とは
スマホは履歴を削除しないと個人情報がダダ漏れ
Googleの裏技を使って個人情報は引き出される
SQLインジェクションは個人情報を根こそぎ奪取
住所から電話番号を調べる定番サイトの使い方
PCが遠隔操作できる「Brynhildr」で情報漏洩

■「不倫サイト」おすすめ記事
不倫サイトの個人情報が大量流出した事件の実態
情報漏洩の不倫サイトに47万人の日本人が登録!?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事