ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

100均「スマホ保護シート」ガラスタイプを選ぶ

スマホの表示画面を守るのに欠かせない「保護シート」。かつてはフィルムタイプが主流でしたが、最近はガラスを使った製品が人気です。その流れは100均ショップの商品ラインアップにも現れていて、大手チェーンではガラスタイプのスマホ保護シートを販売しています。その使い方を紹介します。


100均「スマホ保護シート」ガラスタイプを選ぶ

スマホ保護シートにフィルムとガラス

スマホやデジカメ、タブレット等の画面保護シートにはプラスチック製のフィルムタイプとガラス製の2種類があります。フィルムタイプに使われるのはPET(ポチエチレンテレフタラート)などのプラスチックです。

プラスチック製の場合、シートを薄く作ることができることがポイント。シートを薄くできるメリットは、厚みで画面が暗くならないことと、タッチパネルの反応が悪くならないことです。

一方、ガラスタイプの保護シートは1mm程度の厚みがあります。元々光を通しやすいガラスの場合、この程度の厚みでは表示に問題ないうえ、画面を傷から守る点では有利です。ただし材料コストが高いため、これまでプラスチック製より高価になりがちでした。

100均ではガラスのスマホ保護シート

ところが、高価と思われていたガラスタイプのスマホ保護シートが、最近は100均ショップにも並ぶようになりました。表示画面を傷つけないという点では厚みのあるガラスタイプの方が有効なので、できればこちらを選びたいところです。

100均ショップが販売するガラスタイプの保護シートの場合、iPhone用については機種別に設計されていて、カメラ等が配置されている部分にしっかり切り欠きが付いています。モデルごとに合わせた保護シートを選べば、使用に問題ありません。

一方、Android用のガラスタイプの保護シートの場合、すべての機種に対応できないためか、カメラや指紋センサーなどの部分に切り欠きが付いていません。とくに、指紋センサーはガラスの影響で使えなくなる可能性が高く、その部分を削るなど加工をする必要があります。


スマホ保護シートのガラスを研磨する

ガラスタイプのスマホ保護シートの場合、シリコンがしみこんだり細かい傷が付くと、その部分が乱反射して画面が見にくくなることがあります。そうした際に活用したいのが、カー用品店などで販売されている「ガラス研磨材」です。

ガラス研磨材は、文字通りガラスを削り表面を滑らかにするためのもの。木工用に使われるヤスリと違い、二酸化セリウムなどガラスを磨くための細かい仕上げに適した材料が配合されています。

使い方は、付属する専用スポンジに研磨剤を付けて磨くだけ。表面を削ることにより「フッ素加工」などの表面加工はとれてしまいますが、傷や汚れがなくなり見やすさが向上する場合は有効でしょう。

■「ダイソー」おすすめ記事
ダイソーのイヤホンを高級機並みに変える裏ワザ
ダイソーのプチ電車をプラレールで走らせる改造
音質が評判の「ダイソーUSBスピーカー」を改造

■「100均」おすすめ記事
100均のLEDライトを自転車用に防水化してみた
100均の充電器で過放電の充電池が復活した理由
100均の充電池を2年間使い続けた結果とは?
乾電池の液漏れ対策に使える意外な100均アイテム
100均レインコートを選ぶならセリアかローソン
使えなかったエネループが100均の充電器で復活
見かけたら即買いの「100均工具」おすすめ4選

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事