ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ドアスコープから部屋に空き巣がいないかを確認

家に帰ったら空き巣と鉢合わせ…そんな事態を避けるためのセキュリティグッズがあります。それがリバースドアスコープ。家の外からドアスコープ越しに、部屋の中を確認できます。逆さにして使えば単眼鏡としても使えるので、カバンに入れておくと何かと便利かもしれません。



スポンサーリンク
ドアスコープから部屋に空き巣がいないかを確認

ドアスコープから不審者をチェック

リバースドアスコープ「OA-245」は、家の外からドアスコープ越しに部屋の中をチェックできるセキュリティグッズ。不審者が家の中にいないかを、事前に確認できるというわけです。

家に入る前にドアスコープから部屋の中に不審者がいないかどうかをチェック。万が一空き巣がいたら、家に入らず警察に連絡すれば、実にスマートに危険から逃れられるというわけです。

実際の使い方は、径が小さい方のレンズをドアスコープに当て、覗きながらピント調整。視度調整リングとピント合わせリングを回して、焦点を合わせます。

ドアスコープから部屋の様子を確認

ドアスコープに当てて使ってみると、ドアの前に立っているであろう人物をキャッチ。かなり明るく見えます。部屋まで一直線なら、廊下の先にある部屋の様子を確認することができました。

製品のサイズは34W×34H×84Dmmで、重さは約65g。小型・軽量なので、バッグに入れて持ち歩けます。逆さにして使えば、シンプルな単眼鏡としても使用可能。倍率は6倍です。

小型・軽量なので毎日の持ち運びが苦にならないし、お手軽な単眼鏡としても使えて、実勢価格は2,280円。帰りの遅いサラリーマンや、1人暮らしの女性に
ぜひおすすめしたいアイテムです。この情報は『ラジオライフ』2016年7月号に掲載されていました。

■「ドアスコープ」おすすめ記事
ドアスコープを外から覗く専用スコープとは?
ドアスコープに工事不要でカメラを取り付ける

■「ドア」おすすめ記事
ディンプルキーの合鍵を画像から自作する方法
玄関ドアの鍵をガードするグッズで防犯対策
補助錠を自分で増設してダブルロックで防犯対策
ドアノブ交換で玄関のカギをディンプルキーに
開錠されても気づかない電動ドリルの侵入手口

■「空き巣対策」おすすめ記事
空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった
空き巣がマンションを狙うときの4つのポイント
空き巣の手口「焼き破り」15秒でガラスが割れた

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事