ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ドアスコープは覗き見防止する対策が必須な理由

玄関ドアに設置されているドアスコープは、ドアを開けずに訪問者を確認するための覗き穴。しかし、ドアスコープの視線は一方通行とは限りません。夜になるとドアスコープから内部の光が漏れているとおり、玄関の外から室内を覗くことが可能なのです。ドアスコープは覗き見防止する対策が必須なのでした。


スポンサーリンク
ドアスコープは覗き見防止する対策が必須な理由

ドアスコープから部屋の中を覗ける

玄関ドアに付いているドアスコープは、外からは室内が見えないと思ったら大間違いです。ドアスコープは構造上、外から見えにくくはなってはいるものの、夜間などは室内の光が漏れているかどうかで不在か在宅かがわかってしまいます。

さらには、ドアスコープから室内を覗くことができる「ドアビューワー」という製品も存在。「室内確認単眼鏡」ともいわれ、ドアスコープにセットすると外から室内の様子がうかがい知ることができるのです。

ドアビューワーは探偵も愛用しています。相談者がドアビューワーを使ってドアスコープから部屋の中を覗けることをデモ体験。ドアスコープの危険性を訴えて、対策を講じたりするわけです。

ドアスコープに覗き見防止は必須

実際にドアビューワーを使ってみると、ドアスコープから室内の様子が手に取るように分かります。もちろん、他人の家のドアスコープを覗き見する行為は法律に抵触するため悪用は厳禁です。玄関を開ける前の室内の安全確認に使います。

また、ドアビューワーは通常の単眼鏡としても使用可能。本体にはストラップ取り付け部が設置されており、ストラップも付属。持ち運びも簡単なので、スポーツ観戦などでも活躍してくれます。

このように、ドアスコープには外から室内が覗き見される危険があるということ。ドアスコープにフタをして、室内から外を見るときだけフタを外す覗き見防止金具は必須でしょう。ドアスコープの覗き見防止金具は、数百円程度で購入できます。

■「ドアスコープ」おすすめ記事
ドアスコープを外から覗く専用スコープとは?
ドアスコープに工事不要でカメラを取り付ける

■「ドア」おすすめ記事
ディンプルキーの合鍵を画像から自作する方法
玄関ドアの鍵をガードするグッズで防犯対策
補助錠を自分で増設してダブルロックで防犯対策
ドアノブ交換で玄関のカギをディンプルキーに
開錠されても気づかない電動ドリルの侵入手口

■「空き巣対策」おすすめ記事
空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった
空き巣がマンションを狙うときの4つのポイント
空き巣の手口「焼き破り」15秒でガラスが割れた

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事