ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

航空祭を楽しむならTWRを受信するのが基本

航空祭を楽しむならエアーバンドの受信がおすすめ。目の前を飛行するパイロットの声がダイレクトに聞こえてくるので、航空祭を立体的に楽しめるのです。とはいえ基地内の飛行場には多くのエアーバンドが割り当てられているもの。そんな時はTWRを受信するのが基本です。



スポンサーリンク
航空祭を楽しむならTWRを受信するのが基本

航空祭は慣れるまでTWRに的を絞る

エアーバンドから基地内連絡波まで、たくさんの無線が使われる航空祭。それらをすべて受信するのはベテランであっても至難の業です。

ビギナーともなれば、どの周波数を聞けばいいのか、あたふたしているうちに、お目当てのブルーインパルスの展示飛行が終わってしまうことも…。これではせっかくの航空祭も台無しです。

なので航空祭では、慣れるまではエアーバンドのTWR(タワー)に的を絞って受信しましょう。TWRは離着陸を許可する管制部署。飛行場の中枢となる管制です。

旅客機が発着する空港であれば、TWRから離陸の許可を得て飛び立った出発機はDEP(ディパーチャー)に移管され、空港を離れていきます。到着機はAPP(アプローチ)の管制を受けながら空港へと近づき、TWRから着陸許可を得て着陸するものです。

航空祭の展示飛行はTWRが管制する

旅客機であればTWRが聞こえてくるのは一瞬ですが、航空祭で行われる展示飛行は基地の上空を飛ぶので、TWRが管制する空域、飛行場から半径5マイル(約9km)の中で行われます。そのため、離陸した航空機はDEPに移管されることなく、TWRの管制を受け続け、展示飛行中の交信はTWRで行われるのです。

なので、TWRを受信していれば、航空祭のエアーバンドを十分楽しめるワケ。ただし、飛行場によっては、VHF帯とUHF帯の複数の周波数にTWRが割り当てられています。

軍用機はUHF帯を使うのですが、UHF帯の中にもエマージェンシー用(E)やレスキュー用(RE)があります。主用波であるプライマリー(P)を受信するのですが、区別が付かない場合は、TWRの周波数をすべてメモリーして、スキャンすれば安心です。

初めて航空祭で受信をする場合、まずはTWRの受信。TWRだけでも航空祭を“耳”で楽しむことができるからです。この情報は『ラジオライフ』2015年7月号に掲載されていました。(写真/星智徳)

■「航空無線」おすすめ記事
航空無線は周波数は空港や航空路ごとに割り当て
航空無線の周波数を切り替えながら航空機は離陸
戦闘機のパイロットが使う秘密の航空無線とは?
航空祭は無線を受信することで楽しみ方が倍増
航空祭の舞台裏がわかってしまう基地内連絡波
航空無線を聞くためのハンディ型ダイポール

■「航空祭」おすすめ記事
ミリメシ試食会もある立川駐屯地の防災航空祭
千歳基地航空祭は毎年10万人超えの人気イベント
百里基地航空祭は混雑が予想される人気イベント
築城基地航空祭はパワフルなフライトが魅力
自衛隊イベント!大阪から行ける本格的な航空祭

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事