ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

セルスター工業AR-252GAは自動更新も可能

2015年注目のGPSレーダー探知機がセルスター工業の「AR-252GA」です。本体に無線LAN機能を搭載。PCやスマホでデータの更新が無料で行えるのに加え、庭先にクルマがあれば、毎月自動でデータ更新も可能です。さっそく、セルスター工業AR-252GAの使用リポートを紹介します。



スポンサーリンク
セルスター工業AR-252GAは自動更新も可能

AR-252GAはフルマップ対応

セルスター工業AR-252GAは相互通信対応のドラレコと接続すれば、GPS信号をドラレコへ送ったり、逆にドラレコのカメラ映像をレー探の警告画面に合成という離れワザもできます。

また、AR-252GAはフルマップ対応で、幹線道路が分かりやすく色分け。赤い枠で囲まれたオービス、取り締まりシーンのCGや実写を画面の左半分に表示して警告してくれます。

OBDⅡ接続でエンジンの状態や燃費など180以上の細かな車両情報を取得。さらにトヨタのハイブリッド車は、パワーユニット出力など専用情報が得られる仕様です。

警告が分かりやすかったAR-252GA

総合的に見ると、フルマップで他社のGPDレーダー探知機と比べて警告が分かりやすかったAR-252GA。無線LANが届く範囲に駐車場があるなら、情報更新も自動で行えて便利です。

毎月ネットからダウンロードして、メモリカードにデータを入れて…などけっこう手間なはず。これでリモコンの反応がよければ、ダントツでオススメしたいところです。

最初に詳細設定を済ませ、あとは自動更新で普段は設定を変えないなら、気にならないかもしれません。この情報は『ラジオライフ』2015年6月号に掲載されていました。

■「GPSレーダー探知機」おすすめ記事
オービスはGPSレーダー探知機じゃないと無理
GPSレーダー探知機にはおすすめ機能がいっぱい
レーダー探知機のおすすめを比較テストで選ぶ
ユピテルGWR103sdはGPS測位の精度バツグン
コムテックZERO 800Vはデータ更新が完全無料

■「オービス」おすすめ記事
新東名のオービスの遭遇ポイントをチェック!
新東名のオービスは門型支柱上に設置されている

■「レーダー」おすすめ記事
ネズミ捕りのレーダー式は地方ではまだ健在

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事