ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

radikoのタイムフリーはラジオ好きには大事件

2016年10月、radikoがサービス開始以来の悲願ともいえる新サービスの実証実験をスタートさせました。「タイムフリー聴取機能」と「シェアラジオ」です。なかでも、radikoのタイムフリーはラジオ好きにとっては大事件ともいえるトピック。radikoのタイムフリーが事件になる理由を見ていきます。


スポンサーリンク
radikoのタイムフリーはラジオ好きには大事件

radikoのタイムフリーのポイント

タイムフリー聴取機能とは、その名の通り時間に縛られずにradikoを楽しめる機能。具体的には「過去1週間分の番組について、後からいつでも聴取可能になる機能」です。プレミアム会員(月額350円)であればほぼ全局が対象となります。

まずradikoは配信される番組について、過去1週間分を配信と同時にすべて保存。リスナーはそれを必要に応じてストリーミングで取り出しながら聴くことができるわけです。

しかも、radikoのタイムフリー聴取機能はリアルタイムでの配信が開始された瞬間にスタートするのがポイント。例えば、オープニングトークを楽しみにしている人が多い「伊集院光のJunk(月曜深夜25時~)」で見てみましょう。仮に今日が放送日であることに25時3分ぐらいのタイミングで気付いたとします。

radikoのタイムフリーで自由自在

もちろん、伊集院マニアだから録音はしているはず。しかし、録音したものは、番組が終わる3時にならないと聴けません。つまり、オープニングトークのいちばん面白い最初の3分を切り捨てて今すぐ生放送を聴くか、録音が終わる1時間57分後まで待って最初から聞くか…。人生で最も難しい決断を迫られるわけです。

そんな時、タイムフリー聴取機能があれば、radikoのサイトにアクセスして「タイムフリー」を選び、番組表から「日付・放送局名・番組名」を選んで「再生」をクリックするだけでOK。番組が冒頭から聴けるだけでなく、早送りも早戻しも自由自在です。

もちろん、radikoのスマートフォン用のアプリ(Android/iOS)も最新版はタイムフリー聴取機能に対応しており、同じ機能を利用可能。ラジオ好きにとってこれはもう「事件」としか言いようがないのです。

■「radiko」おすすめ記事
radiko.jpはAM/FMラジオの境界線を崩した伏兵
radikoのタイムフリー3時間制限を突破する方法
ラジコの全放送を無料で地域外で聞く方法とは?

■「ラジオ」おすすめ記事
ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
ラジオ録音機能で選ぶおすすめの機種はこれだ
防災ラジオのおすすめは手回し充電のRF-TJ10

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事