ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「radiko」以外で使える公式無料ラジオアプリ

ラジオ番組をスマホで聞くアプリといえば「radiko.jp」が知られていますが、他にもラジオ局などが独自で展開するラジオアプリがあります。有名どころが、NHKの「らじる★らじる」。radiko.jpでもNHKは聞けますが、あくまで暫定的な措置なのでチェックしておいて損はありません。そんな「radiko」以外で使える公式無料ラジオアプリを紹介します。


「radiko」以外で使える公式ラジオアプリ4選

NHKのラジオが聞ける無料アプリ

「らじる★らじる」は、NHKのネットラジオが聞ける専用アプリです。札幌から福岡まで放送地域を指定して、NHK第1・第2・FMの3チャンネルを選択可能。地元のニュースをチェックできます。

基本メニューは4項目。シンプルな構成なので、スマホに不慣れなユーザーも使いやすいインターフェースとなっています。一部の番組は「聴き逃し」メニューから、過去の放送を再生可能。1か月以上前の番組もあります。

続いて紹介するのが「ラジオクラウド」。TBSラジオによるラジオ番組専門のクラウドサービスです。放送後の番組をダウンロードし、オフラインで聞けるのが特徴です。

ブラウザ版の「TBSラジオクラウド」ではTBSラジオの番組のみですが、アプリ版の「ラジオクラウド」ではTOKYO FMやMBSラジオなど他局も参加。radiko.jpと異なり、地域制限が無く海外からでも利用可能。最初にアカウント登録をします。

FMラジオのIPサイマル配信アプリ

「LISMO WAVE」は、全国民放52局のFMラジオ放送に対応しているのが最大の魅力です。radiko.jpには不参加の局も聞けます。聴取エリアの制限はありませんが、基本有料です。

そもそもはau端末向けの音楽配信サービスとして開発され、現在はiOSとAndroid向けに展開(一部のOSと端末は非対応)。auユーザーでauスマートパス会員(月額372円)なら、実質無料で使えます。

合わせて「ドコデモFM」もチェックしましょう。TOKYO FMが主導で開発した、IPサイマル配信アプリです。地域制限無しに、全国のFMラジオ約40局を聴取可能です。元はNTTドコモのスマホ用でしたが、現在は全キャリアに対応しています。

スタート時のイメージは、「LISMO WAVE」のNTTドコモ版といえば分かりやすいでしょうか。現在、LISMO WAVEはiOS端末用のみですが、ドコデモFMはAndroid端末でも利用できるのがポイントです。

ドコデモFMは初回起動時から31日間は無料で利用可能。それ以降は30日間につきAndroid版は315円、iPhone版は360円の課金でFM放送を聞くことができます。

radikoだけじゃない使える公式ラジオアプリ4選


無料公式ラジオアプリにスピンオフ

「AuDee」は、旧「JFN PARK」が生まれ変わった無料公式ラジオアプリ。人気アーティストのトークやラジオドラマ、ラジオ番組のスピンオフ企画など、オリジナル番組が豊富に揃っています。

ログイン機能もありますが、スキップしてそのまま視聴が可能。再生速度が2倍速まで4段階で調整できる機能も付いています。

「位置ラジ」は、全国のコミュニティFM放送局をgoogle マップで検索してネット経由で聞く無料ラジオアプリです。現在232のコミュニティFM放送局とNHKラジオ第1・第2とNHK-FMの3チャンネルに対応。現在のコミュニティFM放送局数が332局なので、ほとんどの局をカバーしていることになります。

ラジコだけじゃない使える無料ラジオアプリ4選

■「radiko」おすすめ記事
radiko.jpはAM/FMラジオの境界線を崩した伏兵
radikoのタイムフリーはラジオ好きには大事件
ラジコの全放送を無料で地域外で聞く方法とは?

■「ラジオ」おすすめ記事
ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
ラジオ録音機能で選ぶおすすめの機種はこれだ
防災ラジオのおすすめは手回し充電のRF-TJ10
海外短波放送が定期的に周波数を変えている理由
短波ラジオを手軽に聞くTY-SHR3はFM補完放送対応

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事