ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

radikoタイムフリーを高速録音できる無料アプリ

これから放送するラジオ番組や現在放送中のラジオ番組は、市販のラジオレコーダーなどで簡単に予約・録音できます。しかし、聞き逃したラジオ番組となると、PCやスマホでradikoをタイムフリー再生させつつレコーダーに録音するなど、結構面倒くさいものです。そこで、radikoのタイムフリーを手軽に録音できるツールを紹介しましょう。


radikoタイムフリーを高速録音できる無料アプリ

radikoタイムフリーはどう録音する?

2010年にスタートしたラジオ番組のIPサイマル放送が「radiko」です。電波環境に左右されずにインターネットでラジオが楽しめるようになった画期的なサービスとして話題になりました。

そして、2016年からはradikoでタイムフリーがスタート。タイムフリーは、無料で1週間の過去番組が聞ける機能です。放送時間に聞き逃したラジオ番組が、1週間以内であれば合計3時間までいつでも聞くことができます。

ここで悩ましいのがラジオ番組の録音です。これから放送する番組や現在放送中の番組なら、市販のラジオレコーダーなどで簡単に予約・録音可能です。しかし、聞き逃した番組はradikoのタイムフリーに頼らざるをえません。タイムフリーはどのように録音するのが簡単なのでしょう。

radikoタイムフリー録音に無料アプリ

radikoのタイムフリー録音に便利なツールはPC用が「らじれこ」、スマホアプリが「らくらじ」です。使い方は、インストールして番組を選ぶだけで、あとはワンタッチで聞き逃し録音ができます。

radikoのタイムフリーの3時間制限は、サーバー側ではなくユーザー側で制限をかけていますが、これらのツールは通常のストリーミング同様の挙動をしつつ番組を録音するものなので、高速でダウンロードできる上、制限もありません。

実際の「らくらじ」のradikoタイムフリー録音方法は、エリアを設定後に放送局を選び「タイムフリー録音」を押すと録音(ダウンロード)を開始。回線にもよりますが、1時間番組なら数十秒で録音完了です。「タイムフリー再生」を押せば、録音せずにそのまま聞くこともできます。

■「ラジオ」おすすめ記事
ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
FM補完放送が始まる85~108MHz新規割り当て原則
AMラジオ廃止問題は2023年の再免許時がポイント
BCLラジオのおすすめはソニーを超えたPL-880
InterFMが89.7MHzへ周波数を変更した理由とは
海外短波放送を聞くBCLラジオは乾電池が基本
ラジコの全放送を無料で地域外で聞く方法とは?
ソニーのラジオ新定番「ICF-M780N」は感度良好
BCLラジオの定番がソニーのICF-SW7600GR
ソニーの手回しラジオの品切れが続いている理由

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事