ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhone指紋認証は寝ているスキに狙われる危険

iPhoneには指紋認証が採用されており、ワンタッチでロック解除が可能。煩わしいパスワード入力が不要でとても便利な機能ですが、単純な弱点があります。それは、iPhoneの所有者が寝ている隙にその指を拝借すれば、ロック解除が可能なこと。iPhoneの指紋認証は個人情報が盗まれる危険性があります。


スポンサーリンク
iPhone指紋認証は寝ているスキに狙われる危険

iPhoneは指紋認証が性能アップ

最新のiPhoneは指紋認証が格段に性能アップしています。1秒以下で解除するため、こんなアナログな手法が成立してしまうのです。悪意を持った第三者に睡眠薬を飲まされたり、泥酔していたらまず気づかないでしょう。

これで、端末に保存されているパスワードやメールは盗み放題となります。スマホは個人情報の宝庫だけに危険性は計りしれません。とくに危険なのが、Safariに保存されたパスワードやクレジットカード情報です。

実際に、iPhoneにどれほどパスワードが保存されているか確認してみましょう。まずは設定アプリで「Safari」を選択。一般項目の1番上に「パスワード」という項目があります。これを選択するのです。

iPhoneの指紋認証でパスワード

ここでTouch IDによる指紋認証が必要になります。登録されている指をセンサーにタッチすると、Webサイトで利用されるパスワード一覧が表示されるのです。すべてのパスワードが丸見え状態になります。

もし寝ている間にこれらの情報が狙われたら…と考えると、iPhoneの指紋認証の危険性を改めて認識するはずです。さらに、Safariにはパスワードだけでなく、クレジットカード情報も保存されています。

設定アプリで「Safari」→「自動入力」→「保存されたクレジットカード」をタップ。これでクレジットカード情報も丸見えになってしまうのです。iPhoneの指紋認証を過信しすぎるのは危険。パスコードのほうが安全といえるかもしれません。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事